MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > 自動車カタログトップ > スバル > フォレスター

スバル フォレスター新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルのクロスオーバーSUV兄弟の中で、最もオフロード志向の強いモデル。モノコックボディながらもラダーフレームの本格SUVに匹敵するオフロード性能を備える。北米と中国での販売実績が高く、スバル躍進の功労者の一台と言える存在だ。現行モデルは2012年と古いが、実力の高さから販売台数はいまなお衰えず。エンジンは2.0ℓ NAと2.0ℓ直噴ターボを用意。17年度中にフルモデルチェンジで、インプレッサ/XVに続くSGP採用第3弾のモデルとして登場予定だ。

オンロードも悪路も。走りを満喫できる1台 総合評価:8点

2015年のマイナーチェンジで、フォレスターは息を吹き返した。特に走りの洗練ぶりは大きな魅力。中立付近から滑らかに反応するステアリングの心地良い手応え、滑らかなストロークで路面を捉えるサスペンションの上質感、そして静粛性の向上によりオンロードが本当に快適なのだ。雪道でも220㎜の最低地上高、悪路走行用のX─MODE付きのAWDなどが相まって、大いに安心しながら走りを満喫した。今やファッション性も備えるフォレスターだが、やはり中身はホンモノのSUVなのである。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

スバルフォレスター 2017年8月発売モデル

S−リミテッド スマートエディション


価格 281万円
排気量 2000cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 148ps(109kW)/6200rpm
最大トルク 20.0kg・m(196Nm)/4200rpm
乗員 5名
燃費 -

2.0XT アイサイト スマートエディション


価格 300万円
排気量 2000cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 280ps(206kW)/5700rpm
最大トルク 35.7kg・m(350Nm)/2000〜5600rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る