MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

トヨタ オーリス新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州市場をターゲットに据えた世界戦略コンパクト。日本にも導入されているほか、サイオンから展開されていた北米では1.8ℓ直4搭載の「カローラiM」として新たな船出を迎えた。欧州では5ドアハッチバックのほかにワゴンの「ツーリングスポーツ」も設定。1.2ℓ直噴ターボ、1.33ℓガソリン、1.4ℓと1.6ℓのディーゼルターボ、1.8ℓハイブリッドと多彩なラインナップを誇る。日本仕様は1.2ℓ直噴ターボ、1.5ℓと1.8ℓの直4、1.8ℓハイブリッドを展開。

ハイブリッドのほうがオススメかも 総合評価:6点

2015年、フェイスリフトを受けて、同時に1・2ℓターボエンジン搭載車を追加、先進安全装備を充実させたことで、オーリスはそれなりに魅力的な選択肢になった。しかし、冷静に価格を眺めてみると、このターボを積む120Tは約259万円もする。VWゴルフのTSIトレンドラインの方が10万円ほど安いと考えると、悩ましい。じゃあ、これだったらどう? とハイブリッドが追加された。JC08モード燃費は30・4㎞/ℓに留まるが、リアにダブルウィッシュボーンを奢ったおかげか、ステアリングフィールも直進性も上々。乗り心地もしっかり。アクセル操作に対して忠実に加速していく感じも悪くない。敢えて選ぶ価値があると言えるだろう。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

トヨタオーリス 2016年4月発売モデル

ハイブリッドGパッケージ


価格 283万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 99ps(73kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142Nm)/4000rpm
乗員 5名
燃費 -

ハイブリッド


価格 262万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 99ps(73kW)/5200rpm
最大トルク 14.5kg・m(142Nm)/4000rpm
乗員 5名
燃費 -

120T RSパッケージ


価格 259万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 116ps(85kW)/5200〜5600rpm
最大トルク 18.9kg・m(185Nm)/1500〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る