MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

トヨタ アクア新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月の発売以来、日本国内の新車販売台数で4年度連続トップを誇るハイブリッド専用コンパクトカー。4年3ヵ月で国内販売100万台を達成したのは、トヨタ史上初の快挙である。最大の武器は37.0km/ℓという低燃費性能。トヨタが17年に達成したハイブリッド車の累計販売1000万台超えにも、プリウスに次ぐNo.2の貢献度を発揮。それには国内販売だけでなく「プリウスc」の車名で販売されている北米でのセールス(約19万台)も貢献している。

稀代のベストセラー。 見た目も走りも◎ 総合評価:9点

率直に言ってアクアは好きなクルマである。切り捨てるところはスッパリそうしている辺りが、いいなと思うのだ。まず見た目がいい。力強くスムーズに発進し、ドライバビリティも悪くない。フットワークも、ステアリング操作に対して、遅れなく反応して曲がっていき、ドライバーズカー的な気持ちよさすら味わうことができた。2015年末には緊急自動ブレーキを含む先進安全装備も設定された。だが、後席と荷室はライバルたちに較べて明らかに狭い。乗り心地だって、初期型よりカドは丸くなったが依然として足元はゴトゴトと落ち着かない。しかし、これらも走りや燃費とのトレードオフだと考えれば、納得できる範囲だと思う。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

トヨタアクア 2018年9月発売モデル

クロスオーバー グラム


価格 212万円
排気量 1500cc
駆動方式 FF
最高出力 74ps(54kW)/4800rpm
最大トルク 11.3kg・m(111Nm)/3600〜4400rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る