MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車カタログ
  3. トヨタ
  4. C−HR

トヨタ C−HR新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

  • 2018/04/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

プリウスに続くTNGA第二弾モデルとしてワールドワイドに展開されるコンパクトクロスオーバーSUV。日本では2016年12月に発売された。

トヨタ C-HR

トヨタ独自のデザインテーマであるキーンルックを進化させ、内外装ともにダイヤモンドをモチーフにしたエモーショナルなデザインを採用。1.8ℓのハイブリッド車は30.2km/ℓの低燃費を誇る。また、直噴の1.2ℓ直4ターボエンジンのほか、北米向けには2.0ℓ直4エンジンもラインナップ。いずれもCVTと組み合わせる。日本仕様はハイブリッド車がFF、1.2ℓターボ車がAWDという設定だが、欧州では1.2ℓターボ車のFFや6速MT仕様も販売。北米の2.0ℓ車はFFのみの設定となる。

トヨタ C-HR
C-HR
C-HRの内装1
C-HRの内装2

カッコよくてよく走る。売れること間違いナシ 総合評価:9点

プリウスに続いてTNGAを採用したことが、走りの底上げに大いに貢献している。C-HRではボディに構造用接着剤を使うなど剛性アップを更に推し進め、サスペンションには全車、ザックス社製のダンパーや、初採用だというウレタン製バンプストッパーを使うなど、より一層そこにフォーカスしている。けれどテストコースで試した限り、走りっぷりは決してガチガチなわけではなく、むしろ足さばきは終始しなやかだった。1・2ℓターボエンジンは、ターボならではのトルクをCVTがうまく引き出していて、加速したい時にすぐに前に出てくれる小気味良さがある。一方、パワフルさで言えばハイブリッドが上。燃費も当然期待できるだろう。
(島下泰久著『2017年版間違いだらけのクルマ選び』〔草思社刊〕より)

最新刊『2018年版間違いだらけのクルマ選び』島下泰久著〔草思社刊〕

トヨタC−HR 2018年12月発売モデル

G モード ネロ

価格 298万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

G−T モード ネロ

価格 266万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 116 ps(85 kW)/5200〜5600rpm
最大トルク kg・m(185 Nm)/1500〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

G−T モード ネロ

価格 285万円
排気量 1200cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 116 ps(85 kW)/5200〜5600rpm
最大トルク kg・m(185 Nm)/1500〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

G モード ブルーノ

価格 298万円
排気量 1800cc
駆動方式 FF
最高出力 98 ps(72 kW)/5200rpm
最大トルク kg・m(142 Nm)/3600rpm
乗員 5名
燃費 -

G−T モード ブルーノ

価格 266万円
排気量 1200cc
駆動方式 FF
最高出力 116 ps(85 kW)/5200〜5600rpm
最大トルク kg・m(185 Nm)/1500〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

G−T モード ブルーノ

価格 285万円
排気量 1200cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 116 ps(85 kW)/5200〜5600rpm
最大トルク kg・m(185 Nm)/1500〜4000rpm
乗員 5名
燃費 -

トヨタC−HRの歴代モデル

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ

トヨタ C−HR バックナンバー