MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン > 2ピニオン式差動装置

2ピニオン式差動装置

【two pinion type differential】

このエントリーをはてなブックマークに追加
傘歯車式差動装置においてピニオンギヤが2個で、伝達トルク値は一般的なレベルのもの。伝達トルクをTとすれば、1個のピニオンギヤ中心穴部にピニオンシャフトから加わる力はF= T/D(Dは2個のピニオン間距離)となり、右サイドギヤと噛み合い歯面部に(1/2)F、左サイドギヤに同じ値が作用し中心穴部のFと釣り合う。そのピニオンギヤ中心穴部に作用している力Fは大きな値となり、ハイパワーエンジン搭載車では、4個のピニオンギヤにして、力を(1/2)Fとしている。差動するときはこの力が作用しながら、シャフト上をピニオンが回転するので、ピニオンシャフトに表面処理(リュウブライト処理、めっきなど)をして焼付き対策をしている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る