MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > 2次空気導入バルブ

2次空気導入バルブ

【secondary air induction valve】

このエントリーをはてなブックマークに追加
排気系で炭化水素および一酸化炭素を酸化させ、無害化させるのに必要な酸素を供給するために、排気の脈動を利用して空気を吸入させるバルブ(リード弁が多い)のこと。2次空気ポンプによらず軽量、低コストで供給することができるが、排気の脈動が小さかったり、排圧が高い場合には不向きである。またリード弁の着座による騒音が問題となる場合もある。高速時にも空気を導入させる場合、リード弁の固有振動数を高く設定することが必要で、そのためにばねが強くなり、バルブリフトは小さくなる。したがってエンジン運転の全域で効果的な2次空気を導入することは難しい。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る