MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

エキストラロー

【extra low】

このエントリーをはてなブックマークに追加
通常、4輪駆動車に装備される前後輪動力分割装置(トランスファー)に設けられるハイ(H)、ロー(L)2段階のうちのLポジションを指すことが多いが、広義には、大きな減速比をもつトランスミッションの第1速ポジションの別称である。フル積載で登坂や縁石乗り越えなどの発進、または急降坂時、大トルクまたはエンジンブレーキを要する場合に使用する。とくに乾式単板クラッチを使用するトランスミッション(MT、自動クラッチ式セミAT、電子式AT)は、減速比が小さい場合、発進時の大トルク伝達時に半クラッチを多用せざるを得ず、クラッチ寿命を著しく短くするおそれがあるため、必須となる。なお流体トルクコンバーター式トランスミッションは発進時、最大トルクが自動的に得られるため、発進時にかぎつては必須ではない。 -大車林

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る