MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > 環境/社会/法規 > スポット溶接ひずみ

スポット溶接ひずみ

【spot welding concave】

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレス部材をスポット溶接したときにつく、ひずみのこと。スポット痕ともいう。ボディシェルの外板は美観上、スポット溶接をゼロにするか、スポット溶接ひずみが目立たないよう鏡面仕上げをする。ボンネット、ドア、トランクリッドなどの内板と外板を接合する場合、スポット溶接の代わりにへミング加工を行う。最近は美観品質レベルが上がり、ドアを開けたときに見えるピラーまわりの部材(準外板)も、スポット溶接ひずみを仕上げる傾向にある。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る