MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > バキュームリミッター

バキュームリミッター

【vacuum limiter】

このエントリーをはてなブックマークに追加
排ガス対策初期のころ、キャブレーター式エンジンに用いられた吸気マニホールド内の高負圧制限装置。コースティング(エンジンブレーキ)時のハイドロカーボンの発生を低減するため、アクセルペダルから足を離しても吸気マニホールド内の負圧が高くならないように、スロットルのもどりを制御する。これにより吸気マニホールド内の負圧度が下がりすぎず、シリンダー内での燃焼が確保されるためミスファイヤーが減り、ハイドロカーボンの発生が低減した。ダッシュポット式やスプリング式があった。燃料カットが一般化されたため、バキュームリミッターはほとんど使われなくなった。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る