MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > プロコ燃焼システム

プロコ燃焼システム

【programable combuslion syslem】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Programable Combustion Systemの略語で、フォードが1970年代に開発を進めた直噴火花点火希薄燃焼エンジン。ピストン冠面にボウルを設け、2個の点火プラグを用い、噴射直後の噴霧を点火させるコンセプトの燃焼方式。UPS社の郵便物配送車に試験的に用いられたが、量産されるには至らなかった。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る