MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

ホット合わせ

【heat allowances】

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般にタイヤの空気圧は、走行前と走行時では10へ、20kPa(0.1~0.2kg/cm)くらいの開きしかないが、レーシングタイヤでは走行中に30~100kPaくらい上がることがある。タイヤの性能は空気圧によってもかなり変化するので、走行中にそのタイヤの最適な性能を得られる空気圧になることを目的に、ピットインするたびに空気圧を測定し、最適空気圧になるように調節する。温間の空気圧を合わせるといういい方をする。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る