MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > シャシー > 後席ドア開閉性

後席ドア開閉性

【rear door operaling utilily】

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつては後ろヒンジで開くものがあり、近年、センターピラーレス化と合わせて復活の兆しが認められるものの、前ヒンジで開閉するものが主流。最大開口角は68~76度が一般的で、90度近くまで開いて乗降性や荷物の出し入れを容易化した車種もある。一方、ボックス型のミニバンではスライド開閉式が普及。開口面積が広く、開けたままでも邪魔にならず、オートキャンプなどのアウトドアライフや、荷物の出し入れ時に都合のよいことが採用理由となっている。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る