MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

車両等価慣性重量

【vehicle equivalent inertia mass】

このエントリーをはてなブックマークに追加
排出ガス試験などを行うシャシーダイナモメーター(CDY)のローラーに設定する、クルマの重量に応じた走行抵抗に相当の重量をいう。これは、実際の路上走行における加減速時などでの慣性抵抗をCDY上で再現するためである。日本における等価慣性重量は、試験車重量(レファレンスウエイトのことで、空車重量+110kg)に応じてランクが分かれており、500kgから125kgごと、1000kgからは250kgごと、また、3000kg以上は500kgごとになっている。例えば、試験車重量が1376kg~1625kgのクルマは、1500kgの等価慣性重量をCDYに設定して、モード運転が行われることになる。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る