MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > 深皿形燃焼室

深皿形燃焼室

【deep bowl combustion chamber】

このエントリーをはてなブックマークに追加
直接噴射式ディーゼルエンジンの燃焼室の形状で、比較的深いピストンキャビティをもつ皿形の燃焼室をいう。空気の流動を利用して燃料と空気の混合をよくする必要があり、中高スワールと深皿形燃焼室の組み合わせが採用される。空気流動をより効果的に利用するための形状としてトロイダル(環状)形、リエントラント形などがある。以前は、小排気量エンジンでは1回の燃料噴射量を少なくすることが困難とされたが、インジェクターの噴孔数を増やしながら噴孔を細かくする加工技術が進んだことで、解決の道が開けた。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る