MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > ドライブトレイン > 摺動式トリポード型ジョイント

摺動式トリポード型ジョイント

【sliding type tripod universal joint】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トリポード型ジョイントの軸方向に伸縮が可能なタイプで、等速性をもつジョイントのこと。伸縮しないタイプとは異なり、3本足のスパイダーシャフト側(伸縮しないタイプはハウジング側)に固定されている。そのスパイダーローラーが嵌合し、ハウジング側の溝の中を摺動する。ローラーとの接点が屈曲角度の2等分線上に位置するように、フォークハウジング側中心線が屈曲角交点に対し、常に偏心することで等速性を保つ。前輪駆動車のドライブシャフトや後輪駆動車のリヤドライブシャフトの終減速機側によく使われる。ローラーによりトルク負荷状態での摺動抵抗は小さく、前輪駆動車のDレンジでのアイドル振動対策に有効である。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る