MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > 大車林 > エンジン > 電磁式フューエルポンプ

電磁式フューエルポンプ

【electromagneitc fuel pump】

このエントリーをはてなブックマークに追加
コイルのなかに磁性体の棒状のプランジャーを挿入し、磁力とスプリングによる往復運動の力で、ダイヤフラムにより燃料を吸引・加圧・吐出する燃料ポンプ。モーターによる回転式の燃料ポンプに比べ加圧圧力が小さいため、電子制御式燃料噴射装置用のポンプとしては使用されないが、キャブレーター式の場合は、エンジンによって駆動される機械式に代わって使われた。燃料タンク内のガソリンをコレクタータンクに集めるのに使われることがある。 -大車林

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る