MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


シリンダー内の炎を検出するセンサーで、おもにイオン電流を用いる。ガソリンエンジンの場合はスパークプラグで点火したあと、一瞬の間をおいて炎の伝播が始まる。火炎はイオンであり導電性があることを利用し、火炎の先端(フレームフロント)が到達するタイミングを検出できる。また、点火プラグに着火センサーを内蔵すると着火が行われたかどうかをチェックすることができるので、ミスファイヤーを防止するために用いることが...
原料ゴム(未加硫ゴム)を変形しやすい状態にするために練り、そのほかの方法で予熱すること。これによって圧延、押し出しなどの成形操作がやりやすくなる。熱入れのための練りには、熱入れロール機などが用いられる。
焼き入れの際、製品を金型などで拘束することなくフリーな状態で焼き入れする処理をいう。これに対して、焼入れひずみを極度にきらう製品を焼き入れする場合、製品を金型などで拘束して、周囲から焼入れ剤(油)を噴射、焼き入れするプレス焼入れ(プレスクエンチ)がある。
サイドウインドウ部に装着する日よけ用のひざしをいう。ドアバイザーとも呼ばれる。
空気と燃料の割合(混合比)が、理論上必要な最少空気量よりも空気過剰な状態にある希薄混合気で、安定した燃焼を行うための制御系を含めたエンジンシステムのこと。燃料と空気の混合割合が均質な混合気を供給する均質給気方式と、点火プラグ周辺に濃混合気を、他の部分には希薄混合気を供給する層状給気方式に大別される。
ピストンエンジンにおいて、間欠的に発生するガス力による回転ムラを小さくするため、クランクシャフトの端部に取り付けられる回転慣性質量。また、吸入、圧縮、排気行程時の回転エネルギーは、このフライホイールから供給されることになる。とくにアイドリングの回転ムラを、エンジン回転速度の40分の1程度に減少させるよう慣性質量が決められる。しかし、加速時および減速時には、この慣性質量があたかも車両重量が増大したよ...
国内において、最高速度が180km/hを超える性能を有する車両の最高速度を180km/hに制御する装置。車速センサーで速度を感知し、エンジンの出力を制御して180km/hに抑えるものが多い。
運動する物体が、ほかの物体と接触したときに、その相接する面で運動に対する抵抗が発生する。これが摩擦であり、このときの接触面に働く力学的エネルギーが一部、熱として失われる。このときの熱を摩擦熱という。
ミニバンやステーションワゴンなどで、前から数えて4番目にあたるピラー(支柱)をいう。普通この場合はリヤピラーということが多いが、メーカーによってはDピラーと呼ぶところもある。
回転軸を焼き付かせずに支持する機構。平軸受け(プレーンベアリング)、転がり軸受け(ボールベアリング)、針状軸受け(ニードルベアリング)、ころ軸受け(ローラーベアリング)、テーパーローラーベアリング、スラストベアリングなどの総称。軸受けの要求機能と構造上の制約により、これらを使い分ける。例えば、自動車用エンジンの場合、メインベアリングやコンロッドベアリングには平軸受け、ウオーターポンプやオルタネーターに...
正円形ではない断面形状の素線を用いた、動弁系に使用されるコイルスプリングをいう。バルブスプリングのサージを低減すると同時に、素線中の応力が過大にならないように断面を卵形にしたスプリングが多い。卵形の細い部分がコイルスプリングの中心に向くよう巻き形成する。素線は引き抜きやローラー加工などにより加工することが必要になるため、円形断面のものに比べコスト高になるが、理想的なバルブスプリングの形状に近い...
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を制御する方式。インジェクターとしては電磁式の弁を用い、そのコイルに通電するパルスの幅をコンピューターが計算し、信号として電磁弁に送る。そのパルス幅は吸入空気量、スロットル開度、エンジン回転数、冷却水や吸入空気の温度などによってコンピューターが演算する。この技術の出現によって、従来のキャブレーターは乗用車においてはほとん...
巻き線間の間隔が一定ではなく、密部分を設けたコイル状のバルブスプリング。円筒形のコイルスプリングにおいて、圧縮に応じ、ばね定数を変えるように設けた密部分が互いに接触しだすことにより、ばね定数が高くなるように変化させる。これによりバルブスプリングサージを低減することができる。このスプリングを装着する際、質量の大きい密部分を、動きの少ないバルブヘッド側に近くなるように組み込む。
ドアを外側から解錠するための、ハンドルを覆ったカバーのこと。側突などでハンドル部へなんらかの大きな外力がかかっても、不意に解錠しないようにプロテクトしている。きらに歩行者を引っかけないよう、ハンドルの突起を覆う役目もある。デザインポイントになるよう、美しいデザイン処理も可能である。
バルブとロッカーアームの先端、タペットとカムの間の間隙を規定の寸法に調整すること。バルブステムやシリンダーヘッドの熱膨張によってバルブを突き上げることを防ぐため、バルブと駆動部分との間に設計的に定められた間隙が必要である。カムの緩衝曲線部分で間隙がゼロとなり、バルフやがリフトを取り出すように定められている。冷間もしくは温間時にカムがベースサークルにあるとき、規定の寸法となるようにスクリューやシ...
各シリンダーの点火プラグの真上に、独立した点火コイルを設けた点火システムをいう。1次電流は、コントロールユニットから直接に各シリンダーの点火コイルの1次側に供給され、ここで2次コイルにより昇圧される。高圧のハイテンションケーブルが不要になり、信頼性が向上し、電波障害も低減される。おもに高性能エンジンに用いられていたが、最近では実用エンジンでも多く用いられている。低圧配電式ともいう。
ある品物の外部から見えない部分は、破線を使って図面に表す。このとき、品物の形状が簡単な場合はこれでも目的を達せられるが、内部の形状が複雑な場合には、破線を使うと図面が読みにくくなる。このような場合に、内部構造を明確に表現するのに断面図法を利用する。ここでいう部分断面図は図形の大部分を外形図として、品物の一部分の内部だけを示したい場合に、その部分を破断線(フリーハンドの細線)で切断して断面を作成し...
パイピングとは、配管またはパイプ状の部品のことをいう。自動車そのものに用いられる配管としては、燃料配管、ブレーキ作動油配管、空気ダクト、排気排出管、電線管など数多くある。また自動車生産用設備に用いられるものとしては、水配管、排水配管、油圧・空圧配管など、きわめて多岐にわたる。これらのなかで、とくに慎重に設計製作を行う必要のある配管のひとつがブレーキ作動油配管であり、耐圧製の基本性能に加え、脈動...
動揺測定装置のこと。高速で回転する回転体(ローター)は、外力が加わらない状態では、その回転軸を空間に対して常に一定の方向に保とうとする。また、外力を加えると加えられた力の軸と直交する軸まわりに回転運動を起こす性質をもつ。これらの性質を利用して操舵した際の自動車の挙動(ロール、ピッチング、ヨー)の角度を測定したり、制動時に起こす自動車の姿勢変化(ノーズダイブなど)を測定する装置をいう。
エンジンを始動するとき、点火プラグまわりの混合気が燃焼しやすい空燃比になるように、余分に燃料を供給させること。エンジン冷間始動時には燃料の気化性が乏しいため、オーバー気味に燃料を供給することで適性空燃比を得ている。電子制御式燃料噴射装置を装着したエンジンにおいては、パルス幅を広げたり、噴射回数を増やしたりして燃料の増量をはかる。しかし、余分の燃料供給はハイドロカーボンや一酸化炭素の増大、エンジ...
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る