MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


短時間の停車時に意識的にアイドリング回転をさせないこと。アイドリング時の排気を止め、燃料消費もゼロにするために行われる。エンジン停止時の空調やバッテリー電力の消費、再始動時の振動などが問題となる。だが、走行用モーターをもつハイブリッドカーの場合はアイドルストップが容易であり、エンジン始動時の振動も小さく、始動の問題点は少ない。
シリンダーのなかで生成するガスの動きのこと。スワール、タンブルフロー、スキッシュ、タービュレンスの4つの総称。シリンダーの円周方向に回転する流れをスワール、シリンダーの上下方向に回転する流れをタンブルフロー、ピストンの上昇によりシリンダーヘッド下面との間にはさみ込まれた新気が押し出される流れをスキッシュ、および圧縮行程中にこれらの動きで発生する小さい渦をタービュレンスと呼んでいる。ガス流動により...
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャンバーを共用化したキャブレーター。高性能エンジンやレーシングカー周に用いられたウエーバー型、ソレックス型はこれに相当する。しかし、電子制御式燃料噴射装置が普及した現在では使われていない。
おもに、吸排気のガスの質量により発生する慣性力に起因する動的現象のこと。吸気バルブが開きピストンが下降を始めると負圧が発生し、ポート中の新気は加速されながら、シリンダー内に流入する。このとき、空気には質量があるため、ピストンが下死点を過ぎて上昇しはじめても、新気がシリンダー内に流入しようとする。この現象を吸気の慣性効果という。一方、排気バルブが開き燃焼ずみのガスが噴出し、ピストン上死点を過ぎて...
ラジエーターのコアを通過する空気の速度と車速との比。通気率ともいう。静止気流中をクルマが走行する場合、ラジエーターを通過する空気の速度は、通気抵抗があるため車速より小さくなる。例えば、ラジエーターコアを流れる空気の流速が車速の0.3倍程度の場合は、通過率はほぼ0.3である。追い風の場合やレーシングカーでスリップストリームを利用する場合は小さくなる。通気率を確保するために、ラジエーターグリルやフロント...
吸気マニホールド中の圧力を検出するセンサー。かつてはアネロイドやベローズ、もしくはダイヤフラム式を用いた機械式のセンサーが使用されたこともあるが、現在では感圧ダイオードが多く用いられる。吸入空気量は、吸気マニホールド内の絶対圧とエンジン回転数の積に比例するため、このセンサーを用いる。とくにレーシングエンジンではレスポンスが速いためこのセンサーを用いることが多い。ターボエンジンでは有利である。
一部を覆って、気流を特定方向に導く遮蔽板。吸気バルブの一部に円弧上のシュラウドを装着し、燃焼室内に強いスワールを発生させる。このバルブをシュラウドバルブという。なお、この場合はバルブを回転させないようにする機構が必要になる。大型のディーゼルエンジンに用いられることがある。また、軸流のコンプレッサーでは、流れの方向を変えるためにシュラウドが用いられる。さらに、ラジエーターを通過した空気を効率よく...
潤滑油中に混入した気体を分離する装置。エンジンオイル中に空気やブローバイガスが混入すると潤滑特性、オイルクーラーの放熱特性は阻害される。ドライサンプ式のレーシングエンジンにおいては、スカベンジングポンプで、回転式の遠心分離機を同時に駆動させて気体を分離することもある。また、オイルリザーバータンク内でも気体を分離するようになっている。一方、実用エンジンにおいてもオイルタンク内にバッフルプレートを...
エンジンコントロールユニットで制御し、エンジンアイドル時の静粛性と、走行時の乗り心地性能向上をはかっている。アイドル時には、コントロールユニットの指令により、モーターでオリフィスのロータリーバルブを開いて流体経路を広くすることで、マウント内の涜体が自由に動き、振動を吸収して低い振動伝達効率を得る。また、走行時には、ロータリーバルブを閉じて流体経路を狭くし、マウント内の流体抵抗を大きくして高い減...
高膨張比サイクルとは、圧縮比より膨張比の高いサイクルのことである。通常のエンジンでは圧縮比と膨張比が同じとなるので、異常燃焼であるノッキングを起こさないように圧縮比を決めると、膨張比も自動的に同じ値に決められる。高膨張比サイクルは、圧縮比と膨張比を別々に設定できることを特徴とするシステムであり、膨張比を高くすることで熱エネルギーをより多く機械的仕事に変換し、熱効率を高めることができる。高膨張比...
1サイクルをクランク軸の1回転、すなわちピストンの上下2行程で完結するものを2ストロークサイクルエンジン、略して2ストロークエンジンまたは2サイクルエンジンという。動力を発生する行程が1回転に1回あり、4ストロークエンジン(2回転に1回)の倍の頻度なので、同一行程容積でより大きな出力が得やすい。また、シリンダー壁に設けたポートにより吸排気できるので、構造が簡単で小型・軽量化ができる。圧縮着火方式は船舶用など...
セダン型乗用車で、リヤドアのすぐ後方の、やや太い柱からトランクルームの両側を形成する部分をリヤクォーターパネルといい、その部位のグリーンハウス部に取り付けられた窓ガラスをいう。特殊リムジンを除き多くの場合、開閉できない固定式の窓である。
クランクシャフトを支持するためのキャップ。自動車用エンジンでは半割り型の平軸受けを内面に装着する。シリンダーブロックにボルトで強固に取り付けられたあと、全ベアリング穴を一体に通して加工し、軸受けのアライメントを確保する。クランクシャフトの支持剛性はエンジン騒音の低減、メインベアリングメタルの耐久性向上、フリクションの低減上きわめて重要である。また、エンジン運転中にベアリングキャップ部分が弾性的...
  • 錆び止め塗料
  • -anti-corrosive paint; corrosion resistant coating; rust inhibiting coating; rust inhibiting paint; rust resisting paint
金属、とくに鉄鋼の錆びを抑制することを目的とした下塗り塗料のことをいう。酸素、水、イオンなどの腐食性物質の透過、浸透を防ぐバリア型塗料、錆び止め顔料の錆び抑制作用を利用したインヒビター型塗料などがある。
物品の特性の良否を判断する機械装置をいう。形状、寸法、重量、数量、圧力、出力などを判定するため各種センサー類、画像処理装置、計測器などを利用した自動検査装置がつくられている。自動車エンジンのシリンダーブロック加工工程では、ボーリング加工されたシリンダーの内径を測定、その測定結果をボーリング加工工程へフィードバックし、ボーリングツールの刃先をコントロールして寸法管理を行っている、チェッカー機能を...
混合気、あるいは空気をシリンダー内に吸入するときに開閉するバルブ。実用化されているのは傘形(ポペットタイプ)であり、一般的に排気バルブより傘径が大きい。表面は燃焼室内の高温ガスにさらされるが、背面は低温の新気で冷やされるので、バルブ温度は排気バルブに比べて低いが、重量が大きくなる傾向にある。したがって、排気バルブより熱的設計は楽であるが、重量低減に配慮する必要がある。高性能エンジンではチタン製が...
吸気バルブおよび排気バルブが作動している期間をクランク角に対して示したもの。平面上にクランク角をとり、上方を上死点とし、バルブの作動状態を円弧によって示したグラフ。吸気バルブは、上死点前より開き下死点後に閉じる。一方、排気バルブは下死点前に開き、上死点後に閉じる。このダイヤグラムにより、吸排気バルブの作動角、バルブオーバーラップやカムの取付け角度がわかる。
自発光式アナログメーターのトヨタ車用語。初代トヨタ・セルシオに初搭載され、エンジンを始動すると漆黒のパネルに指針、目盛り、文字、警告灯類が時間差で浮かび上がる演出が人気を集め、上級車の定番的な装備となった。ただし、指針や目盛りなどを同時点灯するタイプもあれば、光源も蛍光管式からLED式へ主流を変えてきている。なお、自発光式アナログメーターそのものは、初代セルシオ以前からシトロエンなどに採用されてき...
物質による電磁波の放出または吸収などを測定する分光光度計を利用し、物質の構造や組成を求める化学分析法のひとつで、赤外吸収スペクトルを測定して定性、定量を行う分析方法。赤外吸収スペクトル(赤外スペクトル)は分子構造内の原子の振動により発生するものであるから、分子構造が異なればその赤外吸収スペクトルも必ず異なる。この原理を利用すれば、赤外吸収スペクトルによって物質を同定し、定性・定量分析を行うことが...
サイクルごとに吸入する新気の量は、機関の出力性能を直接支配するが、吸込み能力を表示する効率として体積効率、充填効率の2つがある。体積効率は、機関の構造や運転条件などによる機関自身の吸込み能力を表す指標である。大気の圧力をp、温度をtとしたとき、「r(p、t)のもとで実際にシリンダーに吸入した新気の質量」を「r(p、t)のもとで行程容積を占めるべき新気の質量」で割った値で表される。
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る