MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「エンジン」のキーワード1645件


支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉する動弁系の部品の名称。バルブを押す部分、カムと接触する部分、そして支点という3要素からなり、これらを結ぶ部分の剛性が大切である。一般にカムリフトよりバルブリフトが大きくなるように、3要素間の距離を設定する。バルブリフトに対するカムリフトの比率をロッカー比(ロッカーレシオ)といい、その数値は一般に1より大きい。しかし超高速エン...
火花点火エンジンの原型。気体をピストンで圧縮し、上死点において瞬間的に熱の授受が行われ、膨張しながらピストンを押し下げ、下死点において、瞬間的に熱を捨てる方式の理論サイクルのこと。ガソリンエンジン、液化石油ガス(LPG)エンジンなどでは、この熱を燃料の燃焼により得ている。
電流を流すことによって、コイル内に磁界をつくる筒形コイルをいう。高周波ではそのまま使われるが、低周波あるいは直流では鉄心と組み合わせて磁力を有するアクチュエーターとして使われる。直動アクチュエーターは、パワー源から送られた直流によってコイルが励磁され、可動型の鉄心に、電磁力で応答の早い微小な直進運動を行わせるものである。ソレノイドを利用した電磁弁は、可動型の鉄心に直結した弁によって、油圧、空圧...
2ストロークエンジンの掃気方式のうち、掃気ポートおよび排気ポートをピストンによって開閉する方式、すなわち横断掃気およびループ掃気におけるピストン制御ポート方式では、ポート開閉時期は下死点に対して対称であり、これを対称掃気という。対称掃気では排気ポートが掃気ポートより遅く閉まるため過給ができないので、横断掃気およひ、ループ掃気方式で過給を行うには、管制弁を設けて開閉タイミングを非対称にする必要があ...
直流12Vの電源を交流100Vの電源に変換する機構で、家庭用の電気機器をそのまま自動車内で使えるようにクルマに設置したもの。一部のワゴンやSUVに装備されはじめたが、モバイル機器の普及でより要求は高まると予想される。
振動加速度や速度などの振動量が不規則に変化し、任意の時刻における振動量を正確に予測できない振動のこと。周期的振動では、振動量が時間の関数として一義的に決まり、任意の時刻における振動量の大きさを完全に予測できる。不整路面による、ばね下、ばね上の振動は不規則振動である。不規則振動では振幅分布のような統計的性質しか規定できないので、周期振動とは異なる扱いが必要である。周波数スペクトルは、周期的振動の...
半割り型の平軸受けにおいて、ベアリングハウジングに収めボルトで締結した際、押しつぶされた部分(クラッシュハイト)の逃げのこと。半割り型平軸受けの両端の外型を、端部から5~10mmにわたって薄くそぎ落とした部分。これがないと、ベアリングをキャップで締め付けた際、クラッシュハイトの部分が内側に出っ張ることになり、メタルの当たりが悪くなる。
固定ベンチュリー式のキャブレーターにおいて、高負荷時に燃料を濃くして、潜熱によりピストンを冷却するために用いた燃料通路。語感からは燃費低減のデバイスのように感じるが、実はエンジンを壊さないための装置であるため、結果的には経済的になることからこの名称が与えられた。現在は死語になっている。
エンジンやパワートレイン系などを電子的に制御するシステムの心臓部。各部からの信号をもとに最適値を算出し、制御信号を出力するユニット。マイコンを使用しており、必要に応じてパワートランジスターも内蔵する。自動車用としての機能要件は耐振、耐候性があり、電波雑音に強いことが求められている。当初はトランジスターとダイオードを使ったエンジン燃料供給システムの制御からスタートしたが、点火時や排気対策システム...
サーモスタットの主流量制御部のわきに設けた小穴を開閉するジグル状(小さなロート)の浮動弁のこと。空気抜きと、ごく少量の冷却水の循環を許容する。冷却水温度が上がり、サーモスタットが開弁すると、ジグル弁は機能しなくなる。
カバーぶたのことで、トランクリッドがその代表である。ほかにはフューエルフィラーリッド、グローブボックスリッドなどの使い方をする。
連続可変バルブタイミング機構に使われているVVTプーリーに内蔵されている。螺旋状のギヤが2枚内蔵されており(外歯と内歯)、タイミングベルトで駆動されるスプロケット部とインテークカムシャフトに動力を伝達するドライブギヤ部を可動ピストンで連結している。この可動ピストンを油圧で動かすことでプーリー(またはタイミングギヤ)とカムシャフトの間の位相をずらし、インテークバルブタイミングを連続的に可変させる。
高密度ポリエチレン製の樹脂タンクのこと。形状の自由度が高いので、限られたスペースのなかで有効な容積確保ができる。鋼板製に比べて軽量化傾向にあるが、衝突時などの安全対策として、タンクの構造を4重、5重の層にしたり、肉厚を上げたりして、必ずしも軽くなるとはかぎらない。鋼板製に比べて、樹脂製は安全面の配慮が重要であり、燃料透過性、耐衝撃性、耐圧性、耐火性、耐熱性などをクリアさせる必要がある。一般的に、...
走行中に、ブレーキペダルを踏みはじめてから0.1秒以内に、踏力が980N(100kgf)程度に達する、速く強い踏み込みでの停止をいう。車輪がロックするまでの過程で高い制動トルクを発生させることができ、ブレーキの強度を評価するための試験条件として広く使われている。
ローターに渦電流を発生させてエンジンの仕事を吸収し、回転トルクを測定する装置。このトルクとエンジン回転数とから出力を算出する。別名EC動力計という。界磁電流を変化させ吸収トルクを増減させる。非磁性体のローターを界磁石中で回転させると渦電流が発生し、ローターの回転抵抗となり、これを利用してトルクを測定する。このほかに直流動力計、交流動力計、水動力計が使用されている。渦電流動力計は構造が簡単で安価、...
ボディの亜鉛めっき処理のこと。鉄鋼表面に適切な亜鉛めっきを施すことにより、耐腐食性を高め、錆びの発生を抑えている。
燃焼速度は、未燃焼混合気に対する火炎面の相対速度として定義され、燃焼性を直接表す指標であり、シリンダー内の熱発生量に対応する値である。燃焼速度を支配する主要な因子は、混合比、圧力、温度および乱れの強さであり、なかでも乱れの強さの影響が大きい。また混合比は燃焼自体に大きく影響する重要な因子である。実験で観測される火炎前面の進行速度は、火炎伝播速度あるいは火炎速度と呼ばれ、熱発生量とは直接的には対...
吸気マニホールド内の圧力(負圧)を検出するセンサーで、負圧による応力が加わると、その電気抵抗が変化する性質をもつ半導体を利用した圧力センサー。吸気マニホールドの圧力(絶対圧)を電気信号として取り出し、コントロールユニットに入力する。以前はダイヤフラムとスプリングによるものやブルドン管を用いた機械式もあったが、ほとんどが電気式に代わった。
2ストロークエンジンのこと。イギリスのデュガルド・クラークが1878年に発明したのでこの名がある。1876年にドイツのニコラス・アウグスト・オットー(1832~1891年)が発明した4ストロークエンジンはオットーサイクルと呼ばれる。同様に、ディーゼル、パンケル、ミラーサイクルなども発明者の名に由来している。
クランクシャフトはねじりや曲げ振動を起こす。クランクシャフトには回転させようとするトルクが間欠的に加わるため、ねじり振動を発生する引き金となる。一方、クランクシャフトの質量と弾性とで形成されるばねマス系のねじれ振動の固有振動数があるため、加振力と、この固有振動数が特定の関係になると、激しくねじり振動を起こす。クランクシャフトの折損はこのねじり振動によるものである。
1645件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る