MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


ストラット式サスペンションで、コイルスプリングの中心軸をストラットの中心軸からオフセット、あるいは傾斜させて配置することをいう。ストラットはショックアブソーバーを内蔵した構造部材で、荷重を支える。ストラットマウント部から入る車体重量とタイヤ接地点から入る荷重によって、ストラットには力だけでなく曲げモーメントが作用する。その結果、ショックアブソーバー内のピストン部とロッドガイド部に横方向の力がか...
アーク溶接で、溶接長が長く、多層盛りが必要な場合、図に示すように、1単位長ずつ一定の層までまとめて溶接していく方法をフーロック溶接という。すなわち、一定の長さのビードを一定の層数盛り上げてゆき、順次進んで溶接を行う方法である。この溶接法は初層で割れが発生しやすいときに用いられる。自動車ボディの溶接、組み立ての場合、あらかじめ、床部分のアンダーボディ、側面部分のキャブサイドフレームなどの組み立てを...
タイヤのコーナリングフォースの着力点とタイヤの接地中心との距離をいう。コーナリングフォースのモーメントアームとして働き、ニューマチックトレール×コーナリングフォースがセルフアライニングトルクとなる。タイヤのサイズや種類、接地荷重などによって異なるが、乗用車用タイヤで20~40mm程度である。横滑り角の増加によって減少するため、セルフアライニングトルクは、比較的小さい横滑り角で最大値になり、以下減少する...
ストラット式サスペンション装着車において、ストラットマウントでストラットの上部を取り付ける車体側の部分で、タワーのように突き出した部分をいう。ストラットタワーは、コイルスプリングとショックアブソーバーによる上下荷重のほかに、ストラットからの横、前後方向の力も受ける。したがって、強度はもちろん高い剛性が要求され、走りのしっかり感や安心感、ロードノイズや振動などに対応している。走りを重視したスポー...
サスペンションによる車体挙動のうち、進行方向を軸とする回転運動(サスペンションロール)のしにくさ。旋回横加速度による場合、0.5G当たりのロール角度をロール率と呼ぶ。ロール剛性制御は単に乗り心地だけでなく、前後、横剛性の影響も受けた、ばねのたわみに伴う荷重の増減がタイヤの荷重として作用し、その配分が自動車の運動を支配することになる。ロール剛性はサスペンション全体のばね要素であるホイールレートのほかに...
ライブリジッドアクスルのドライブシャフト取付け構造の一種で、ドライブシャフトはアクスルチューブの両端部に取り付けた1個の深溝ボールベアリングの内輪で支える構造のもの。シャフトの車輪取付けフランジは、ベアリングに対してオーバーハングした位置にあるが、タイヤオフセットを考慮すればベアリングとほぼ同位置にあるので、回転曲げ応力はさほど大きくない。ばね下重量をできるだけ小さくしたい乗用車などに用いる。
軸が回転すると軸と軸受けの中心が偏心する。そのとき隙間の形は楔形状になっており、その隙間内に潤滑油が押し込まれて油圧が発生し、これによって軸の負荷が支えられる滑り軸受けのことをいう。あらかじめ与圧される静圧型に比べると、回転始めと低速時には発生圧力が低く、摩擦が少々大きくなるので、軸受け材料、油量、油圧、軸受け隙間の管理などに注意が必要である。自動車のクランク軸のように、荷重の方向が変化する軸...
ABSやTRC制御に用いられるセンサーで、各車輸の回転速度を信号として検出する装置。ドライブシャフトやアクスルハブ、ブレーキドラムなどの回転部分に歯車状のローターを設け、その外周にコイルと磁極で構成されるセンサーを、1mm程度の隙間で設置している。ローターが回転するとコイルを通過する磁束が変化し、交流電圧が発生するため、回転速度が検出される。センサー全体は、隙間に石がはさみ込まないよう、ゴムブーツなどで...
航空機や列車、フォーミュラレーシングカーの形態を考えると、車体をボード(板)と呼ぶので、インボードあるいはオンボードというのは車体外板の内側を指す。インボードブレーキは車体内側にあり、ファイナル駆動ギヤボックスにアンカーを置いている。電気自動車でホイールモーターを採用した場合には、車輪側、すなわちアウトボードにはブレーキ機構を設けるスペースが少なくなる。また制動エネルギーの回収を考えると、ファイ...
基準となるシートのわきに設けた補助席。観光バスの客席に多くみられ、通常はたたみ込むようになっている。
非駆動輪、すなわちFF車の後輪やFR車の前輪の回転中心軸となる、短いテーパー状の回転しない車軸をいう。スピンドルはナックルやハブキャリアに固定されている。ホイールは、ベアリングを介してスピンドルに取り付けられたハブとともに、スピンドルの周りを回転する。
4リンク式サスペンションに対し、上側トルクロッドを平行2本にし、ラテラルロッドを加えたサスペンション形式。ラテラルロッド付き4リンク式サスペンションともいう。ダブルウイッシュボーンの片側を4本のマルチリンクに分割し、テンションストラットを加えたものは5リンクダブルウイッシュボーン式と称する。前後方向と横方向を独立して受け持つ構造のため、操縦安定性、乗り心地、ワインドアップ振動などに関する特性のチュー...
マルチインフォメーションディスプレイのメルセデス・ベンツ車、BMW車用語。
ディスクホイールにおいて、リムを保持し、ハブに取り付ける円盤状の部分をいう。ディスクは車軸とタイヤ間で力と回転を伝えるだけでなく、そのデザインが影響して商品性を左右する。ディスクは、鋼板をプレス加工で成型してつくるが、ほかにアルミニウム合金、マグネシウム合金などの軽合金を、鋳造あるいは鍛造してつくる場合もある。
バイアスプライタイヤのことで、トレッドセンターラインに対して斜めの角度で交差する複数層のカーカスプライコード構造をもつ。以前のゴム引きクロスに対して、プライ(細い横糸を介して並べた、すだれ状のコード)を交差して重ねたバイアス構造の採用で、耐久性と乗り心地の向上を実現し、のちの偏平タイヤ実現を可能にした。1枚のクロスは2プライにキ目当し、ダイヤゴナルブライタイヤともいう。1920年代以降、長く使用された...
幾何学を意味し、自動車ではサスペンションジオメトリーとステアリングジオメトリーがある。サスペンションおよびステアリングはリンク機構を構成しており、車輪や車体の動きを支配するが、それらのリンクやアームの幾何学的配置とリンクの動きをジオメトリーと呼ぶ。具体的にはキャンバー、キャスターなどのホイールアライメント、ロールセンターなどのロール特性、アンチダイブ、アンチスクォトなどのジオメトリー、アッカー...
路面からのショックがステアリングホイールに伝わること。ラック&ピニオンの場合はとくにこの性質が強いが、これはシステムとして力の逆向きを許す、いわゆる可逆性であるため。キックバックがあまり大きいと危険だが、ある程度のものは路面状況をドライバーに伝えるステアリングフィールとして必要である。
横向きに配置され、ホイールの横方向の動きをコントロールするサスペンションのリンクをいう。ストラット式サスペンションのロワリンク、マルチリンク式サスペンションのアッパーリンクとロワリンクが代表的である。
ストラット式サスペンションの変形種で、ロータスのレーシングカー後輪に用いられたことで有名。開発したコーリー・チャップマンにちなんでこの名がある。ストラットの上部はシャシーフレームに取り付け、下部はウィッシュボーン式に縦横2本のリンクで支える。単純な構造で軽量化にも有効なことから、少量生産のスポーツカー、レーシングカーに採用された。
ドラムブレーキのライニングの減り具合でシュークリアランスを自動的に調整する装置。シュークリアランスの調整を行わないとブレーキペダルの踏み代が大きくなってしまう。ブレーキ作動時にアジャスターが作動するポジティブ型の一種で、ほかにインクリメンタル型がある。
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る