MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「シャシー」のキーワード1030件


衝撃によって生ずる動きや、力による被害を防ぐための衝撃を絶縁する装置のこと。車両突時に乗員を保護するために、エネルギー吸収バンパー、エネルギ声吸収ステアリングコラム、エアバッグなどが代表的なものである。悪路における車輪の上下速度を抑えるショックアブソーバーや、ストロークを穏やかに規制する弾性ストーンバー、急発進時や悪路走行におけるエンジンの上下、ロール方向の動きを穏やかに規制するエンジンダンパ...
ポンプ吐出量を、設定した回転数で低減させるパワーステアリング(PS)用ポンプをいう。回転数感応式PSに用いられるポンプである。一般に、ポンプのオイル吐出量は回転数にほぼ比例し、油圧式PSのアシスト力は、オイル吐出量の増加とともに強くなる。そのため、高速になるとエンジン回転に直結するポンプの回転数は高くなり、アシスト量が過大になってハンドルが軽くなりすぎ、安定した操舵ができなくなる。ドルーピングはこの問...
空気ばね式サスペンションで、荷重状態にかかわらず車高、床面高を一定位置に保つための、ばね用空気圧制御バルブ。フレームあるいは車体に取り付けて、連結リンクロッドを用いて車軸との位置関係が一定になるように制御する。エアタンクから送られた空気圧は、レベリングバルブの吸気弁を介して空気ばねに供給し、排気弁を開いて大気中に放出する。荷重状態に応じて空気圧を制御する機能をもつ。トラック、バス用のほか高級乗...
MT車が登坂路で発進するとき、クラッチ操作ミスなどで車両が後退するのを防止する装置。登坂路でクラッチとブレーキペダルを踏んで車両が停止すると、クラッチペダルを踏んでいる間、プレッシャーホールドバルブ(PHV)が働き、ブレーキペダルから足を離しでも液圧が保持され、ブレーキが効いたままの状態となる。発進時の半クラッチまでその状態を保持しつづけることで、煩わしい坂道発進の操作手順が不要となる。信号待ちゃ渋滞...
1本の車軸に左右の車輪を組み込んだ懸架装置。小型車の後輪や、トラック、バスの前後輪に用いる。駆動型ライブアクスルと従動型デッドアクスルのいずれに対しても、縦置きの重ね板ばねを用いるか、あるいはコイルばね・空気ばねなどと車軸位置を規制する複数のリンクを併用して懸架する。リンク式のバリエーションにトルクチューブ式がある。トラックで前2軸および後2軸の場合は、それぞれに特殊な機構の追加が必要になる。また...
原理はコイルを利用した電磁式リターダーと同じで、回転する鉄製(強磁性体)ローターに磁石を近づけると、磁石の磁界によりフレミングの法則に従ってローターに渦電流が発生する。同時に、ローターに回転方向と逆方向の制動力(ローレンツ力)が働く。いすゞ は住友金属と共同でネオジーム系希土類永久磁石を利用した永久磁石式リターダーを開発し、1991年から大型トラックに装備した。このローターをドラム形状とし、ドラム内面に...
トレーリングアーム式サスペンションの一種で、アームのピボット軸が車両の横方向に配置されているサスペンション形式をいう。単にトレーリングアーム式と呼ぶことが多い。構造が簡単で、アームに取り付けられたホイールの動きはシンプルである。ホイールが上下してもキャンバー変化、トレッド変化、トー変化が生じない。ブレーキ時のアンチリフト効果もある。一方、横剛性とロールセンター高が低く、コーナリング時の対地キャ...
防錆、美観確保、保護のためにボディシェルを塗装すること。ユーザーが目にする第1印象はデザインで、その次が塗装であるといわれるくらい、塗装の仕上げ品質は重要である。車体には電着塗装、中塗り塗装、上塗り塗装がされる。電着塗装は見えない隅々まで塗る。中塗り重装は車体段階で見えるところを塗る。上塗り塗装は車室外の美観が要求されるところを塗る。自動車工場ではエンジン、シャシー、装備品などを取り付ける前に塗...
ステアリングを操舵するとき、油圧に応じてこのバルブが開き、インテークマニホールドに直接、補助空気を導入させてエンジンの回転数が低下することを防ぐ。パワーステアリングの油圧が高いほどバルブ開度が大きくなり、流量も増加する。取付け位置はパワーステアリングポンプ部。
正面衝突の略。自動車相互間における前面衝突であり、実際の事故および衝突実験で使用されるカー・トゥ・カー衝突のような全面衝突のことをいう。両方の車両間の衝突が片側によった正面衝突では、正面オフセット衝突とか、カー・トゥー・カーオフセット衝突というように、オフセットという語をつけて衝突の形態を分けている。
軸と軸上に配置した要素部品に、軸方向の滑りと歯形はめ合いによってトルクを伝達する。複数のインボリュート歯をもった軸と、それに嵌合する相手部品によって構成される。このインボリュートスプラインの特徴は、強度が高く、加工が容易なことである。軸側はホブによる歯切りや転造、相手側はブローチ加工でつくられる。トランスミッションなど駆動系の部品に多く使われている。また、圧力角が45度以下を呼び、45度以上のもの...
高速走行中、気流によって、ドアガラスが0~数ミリメートル、外方向へ吸い出される負圧現象(飛行機が飛んだり、ヨットが風に向かって進んだりすることと同じ)により、ガラスのシール性が落ち、車室内の空気が外へ漏れるときに発生する音をいう。逆に、車外騒音(風切り音やタイヤの走行音)も車室内に進入し、横風を受けると増幅される。フロントウインドウのモール形状を工夫して、負圧現象を防ぐ方法もある。整流ゆえに起こる負...
ブレーキが効きはじめてから停止するまでに走行した距離。制動操作から停止するまでの距離から空走距離(足の踏み替えとブレーキペダルの遊びによりブレーキが作用するまでに空走する距離)を減じたものが制動距離となる。制動距離は速度の2乗と車重に比例し、制動力に反比例する。
2連式ワイパーのうち、2本のワイパーが向かい合って互いに逆方向に動くものを対向式という。自動車の前面ガラスを払拭するワイパー方式は、一般的には平行連動式(タンデム式)と、対向式(シンメトリカル式)に分けられる。平行連動式はライズアップ機構を使えるなどデザイン上のメリットが多いため、乗用車をはじめとして多くのクルマに使われている。対向式は払拭率は優れているがワイパーリンクの構造が複雑になるため、前面ガ...
  • 遊び
  • -play; free play; lash
歯車列や機械装置における、個々の構成要素間の自由に動ける隙間を遊びという。プレイ、ガタ、ラッシュ、遊隙などともいう。動きの方向や部位によってエンドプレイ(end play、端末の遊び、軸方向の隙間)、ラジアルプレイ(radial play、径隙、半径方向の遊び)、バルブラッシュ(valve lash、バルブクリアランス)などの呼称がある。
有機物質を主成分とする繊維の総称。天然繊維では綿、麻、絹、合成繊維ではアラミド、ポリアミド、ポリエステル、ポリエチレン、アクリル、レーヨンなどがある。自動車用としては、高強度、高張力のアラミド繊維、ポリエチレン繊維がプラスチック複合材料の強化繊維として、ポリエステル繊維がタイヤなどゴムの補強糸として、また、アラミド繊維、アクリル繊維、レーヨンなどがクラッチ、ブレーキライニングの摩擦材の繊維基材...
一般的なミラーやガラスの表面は、水分と結合しにくい疎水性物質(汚れや油膜など)で覆われているため、水が付着すると表面張力により半球状の水滴になり、雨天時にアウターミラーが見にくくなるなどの支障を生じる。しかし、表面を水分と結合しやすい状態に保てば付着した水滴が薄い膜状に広がるため視認しやすくなる。これが親水効果で、近年、水分と結合しやすい親水性物質の酸化ケイ素(Si0β)を主とするシリカ層を、表面にコ...
機械装置における個々の構成要素間の自由に動ける隙間(遊び)のうち、半径方向の遊び、軸のガタをラジアルプレイあるいは径隙という。半径方向の隙間や歯先隙間を意味する「ラジアル隙間」を同意で使うこともある。
衝突時に頭部をぶつけやすい車室側のピラー部、および天井側面部に採用される衝撃吸収構造のトリム材。2次衝突による乗員の頭部傷害を緩和するための表皮材。
二律背反性のある操縦安定性と乗り心地とを高いレベルで調和するために、積載状況、車速など運転状況、路面状況に応じて地上高を制御する装置のこと。車高センサーによる地上高情報と車速などの運転情報に基づき、コンピューター制御でアクチュエーターを作動させ車高を適正化するものである。油圧式と空圧式とがある。油圧式には、油圧ジャッキを懸架シリンダーと車体マウントの間に組み込んだ油圧ジャッキ式と、懸架シリンダ...
1030件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る