MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

大車林の「欧文略語」のキーワード387件


  • ATTESA E-TS PRO
  • -advanced total traction engineering system for all electronic-torque spilt PRO
1999年型日産スカイラインの4WDシステムの名称。従来のATTESA E-TSに、リヤデフのLSD制御を追加したものである。構造はリヤデフのサイドギヤ部に湿式クラッチを組み込み、ATTESAの制御油圧を流用して電子制御し、差動制限トルクを最適化する。
  • RIM
  • -reaction injection molding
反応射出成形。2液またはそれ以上からなる低分子量、低粘度の配合組成物を金型内に混合射出して、重合反応および発泡させて成形すること。弾性、剛性がある。原料はポリウレタン、ポリアミド、エポキシなどがある。大型薄肉成形ができる。成形圧が低いので、金型も簡易型、成形機も低圧の安価なものでよい。バンパー、マッドガード、スポイラーなどに採用。
  • GFRP
  • -glass fiber reinforced plastics
ガラス繊維強化プラスチック。プラスチック系複合材料の強化改良に広く使われる。柔軟性、耐衝撃性などに優れている、安価で成形性がよく、ハンドレイアップ(手作業)成形からプレス型成形まで各種形状に適応している。
  • ACT-4
  • -electronic controlled active torque split type 4WD
もとはスバルの商品名であったが、今では前後輪トルクを電子制御してトルク配分する4WD車を意味している。4WD車の前後輪どちらかをエンジンと直結にし(スバルは前輪)、もう一方は油圧クラッチで駆動し、伝達トルクを電子制御する4WDシステムである。
  • AHS-a
  • -advanced cruise-assist highway system automated cruise
AHSのなかで定められた3つの段階のAHS-i、AHS-c、AHS-aのうち、第3段階をいう。道路側からの運転支援の最終段階で、自動運転を可能にするシステムをいう。
  • GCWR
  • -gross combination weight rating
自動車連結車両総重量。アメリカで使われている、メーカーが保証する重量値で、牽引するクルマの重量と被牽引車の重量を合計した重量をいう。クルマに貼付されるFMVSS適合ラベルには表示されていない。
  • MC
  • -machining centre
1台のNC工作機にたくさんの刃具を付けて自動加工する装置。一般に加工工程がたくさんあるハウジングやケースは、多くの工作機で順次加工されるが、MCはコンピューター制御で回転切削刃具を自動交換しながら加工する。機械は高価であるが、トータルの設備投資や機械スペースは少なくてすむ。多種少量、無人化生産に適する。
  • RR
  • -rear engine, rear wheel drive
リヤエンジン、リヤドライブ方式。エンジンを後部へ車載して、後輸を駆動するクルマである。大型バスに使われ、運転席や客室がエンジンと離れているため振動騒音に有利で、プロペラシャフトがなく室内が広く、後輪荷重が大きくスリップが少ない。一方、冷却しにくく、トランクルームが後部にとれないためスペースが限られるほか、後輪タイヤの摩耗が激しく、オーバーステアになりやすいなどの欠点があるとされる。
  • AHS-c
  • -advanced cruise-assist highway system control
AHSのなかで定められた3つの段階のAHS-i、AHS-c、AHS-aのうち、第2段階をいう。AHS-iで道路側からの情報提供を受け、これに加えて運転支援を行うシステムをいう。
  • SO2
  • -sulfur dioxide
二酸化硫黄。1つの硫黄原子に酸素原子が2個結び付いて構成されるガス。亜硫酸ガスのこと。
  • AF
  • -audio frequency
可聴周波数。正常な聴力の人が聞くことができる周波数範囲のことで、20Hz~20kHzとされている。自動車で扱われる騒音の周波数範囲は、通常20Hz~十数kHzが主である。
  • ETS
  • -electric tilt steering system
電動式チルトステアリング。
  • INOMAT
  • -intelligent & innovative mechanical automatic transmission
10段のトラック用MTに、クラッチと変速操作を自動化するアクチュエーターと電子空圧制御装置を取り付け、発進時だけ人がクラッチ操作するが、Dレンジでは自動変速する半自動変速機である。1996年に三菱の高速カーゴトラックへ搭載し、観光バス、トラクターなどへ拡大している。
  • DGPS
  • -differential global positioning system
通常、100m程度の誤差があるGPSの精度を、誤差約10m以内に精度アップできる測位補正システムをいう。位置が既知の地球上の基準局でGPS衛星の信号を受信し、その測位値から、誤差を求めて任意の観測点の位置を補正する。それをFM多重放送で受信して、より高精度の自車位置を求めるシステム。
  • CAE
  • -Compuler Aided Engineering
コンピューター支援解析。一般的にはCADデータでつくられた数学的モデルを使い、コンピューターによる予測結果を得る模擬実験などをいう。デザイン開発でのCAE活用は、デザインモデル開発段階でデザインデータを使い、スタイルに関係する空力や房内流のコンピューター解析を行いモデルの改良に反映させる。流線軌跡を確認しながら造形形状の改善傾向をつかみモデルに反映させる。コンピューターシミュレーションともいう。
  • PPS
  • -Progressive power steering
トヨタの進化型車速感応タイプ油圧式パワーステアリングの呼称。クランクシャフトプーリーからベルトを介して駆動されるパワーステアリングポンプの油圧を、車速に応じてバルブの特性を切り替えることによってアシスト量を変化させ、ステアリングの重さを最適に制御するもので、低速時には軽く、高速走行時にはしっかりとした手応えを実現するシステム。複数のバルブを状況に応じて切り替えるバルブ感度可変方式を油圧回路に組...
  • ATTS
  • -active torque transfer system
左右駆動配分システム。1996年ホンダ・プレリュードに搭載され、前輪駆動車ベースで左右輪に駆動力を配分するヨーモーメントコントロールユニット(MCU)をもち、車両の旋回性能を向上するものである。MCUは3連プラネタリーと2組の湿式クラッチをもち、駆動力配分比は、最大80:20まで可能である。
  • CKD
  • -complete knockdown
完成車の解体輸出方式。完成車に必要な全部品を日本から送り、現地で組み立て、車両を完成させること。部品数の多いクルマは自国の産業発展の格好な産業(技術力アップ、雇用促進)であり、国産化推進のため完成車輸入禁止措置、高関税への対応、車両価格の低減などがある。最近は100%でなく、50%ぐらい自国で調達するKD(ノックダウン)が主流。自国の部品調達率が高いほど、技術力が高いことを表している。
  • BS
  • -British Standard
イギリス国家規格。
  • COD
  • -chemical oxygen demand
化学的酸素要求量。海水や湖水中の汚濁物質を酸化するときに消費される酸素量をmg/Lで表したもの。海水や湖水の汚れの度合いを示す指標として用いられ、数値が高いほど水中の汚濁物質の量が多いことを示す。
387件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る