MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 自動車用語集
  3. エンジンデータブック
  4. ドイツメーカー
  5. ポルシェ
  6. ポルシェ自社開発の新型V6エンジン [DCA/CXT]

V型6気筒 2.9〜3.0ℓ(カイエン、パナメーラ、マカン) BMEP:23.9bar Macan Turbo ポルシェ自社開発の新型V6エンジン [DCA/CXT]

このエントリーをはてなブックマークに追加
DCA

■DCA
気筒配列:V型6気筒
排気量:2894cc
内径×行程:84.5mm×86.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:324kW/5700-6600rpm
最大トルク:550Nm/1800-5500rpm
給気方式:ターボチャージャー
カム配置:DOHC
吸気弁/排気弁数:2/2
バルブ駆動方式:直接駆動
燃料噴射方式:DI
VVT/VVL:In-Ex/○
(Cayenne S)

ポルシェが2002年にカイエンで新しいFR乗用車市場開拓に乗り出した時、VWトゥアレグのコンポーネントを流用したことは知られているが、エンジンはポルシェの独自開発とされてきた。しかし、VAGのスポーティエンジンの開発にはたびたびポルシェが関与しており、スケールメリットを追求するためにも共同開発と共用は必然となった。本機はアウディRS4/5に搭載されるV6エンジンと基本的に同じもの。源流はアウディ用のV8ディーゼルだが、ポルシェが4.0ℓV8を開発した時に93mmのボアピッチでV6とモジュラー化が可能なように設計変更された。興味深いのは、シリンダーボア内壁がプラズマ溶射からわざわざ鉄ライナーの一体鋳造に変更されていること。性能より生産性を優先したのかもしれない。