東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > GT-Rエンジン搭載のハイエースだって!?【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/11
  • Dee’s Club

GT-Rエンジン搭載のハイエースだって!?【東京オートサロン2018】

VR38DETTでGT-Rなみの500馬力!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
GT-Rエンジン搭載のハイエース
搬入日にしてもう今年の東京オートサロンで話題を独占しそうな改造車を見つけてしまった…。
オーバーフェンダーにオフブラックのフルラッピング、そして大型の前置きインタークーラー。見た目からしてヤバそうなこのハイエース、中身はもっとヤバかったのであります!!
なんとエンジンルームにはR35GT-RのVR38DETTエンジンが!
国内最強のV6ツインターボを搭載したハイエースなんて世界中探しても絶対見つからないはず。
しかも、これちゃんとナンバーの付いたストリートカーなのであります!

ハイエースのエンジンルーム

ハイエース(トヨタ)のエンジンルームはごらんのとおり助手席の下。ここにVR38DETTが鎮座! 
運転席に座るのは、このハイエースのオーナーの呉さんで「最強のハイエースを作りたかったんです。もちろんストリート仕様としてね!」とコメント。

もうなにを目指してるのかわからないけど、こういうの大好きです。

独特のサージタンク

この独特のサージタンクがVR38DETTを物語る。現在は500馬力なんだけど、ゆくゆくは800馬力を目指すそうな。ちなみにミッションはハイエース純正!VR38DETTとハイエースミッションを合体させるってスゴイです!

ともあれ、湾岸などで見かけても煽らないように!

ふつうのスポーツカーだと勝負にならないはず…。


GT-Rのエンジンを搭載したVITABONハイエースは、東京オートサロン7,8ホールの2F通路に展示されてますよ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る