東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > HKSが筑波49秒目標の86を発表!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

HKSが筑波49秒目標の86を発表!【東京オートサロン2018】

すでに50秒台が出ている!

このエントリーをはてなブックマークに追加
搬入日にはずっと白幕がかかっていて正体がわからなかったHKSの展示車両だったんだけど、金曜日の午前10時に開催されたプレス発表会でついにアンヴェール!
その正体は筑波サーキットFR最速タイムをテーマに開発された86ベースのスーパーチューンドだったのであります!

プレス発表会ではHKS水口社長みずからがTRB03のコンセプトを説明し「筑波49秒台を目標に開発したマシンです! かならず結果を出してみせますよ」と熱説。
ドライバーの谷口信輝選手は「去年から走らせているんですけど50秒台はすでに出ています。49秒台は間違いなくいけると思いますよ」とコメントした。


エアロパーツはHKS初となるダウンフォース重視のオリジナル品で、筑波では最大3トン近いダウンフォースを発生させることができるという。
エンジンはFA20ベースで2500㏄まで排気量を拡大して、最高出力800馬力、最大トルク90キロを絞り出している。
サスペンションはフロントがストラット&リヤがマルチリンクという形式を前後ダブルウィッシュボーンに変更してたりもする。
なんにせよ、筑波サーキットでのタイムアタックがますますヒートアップしそうですね!



HKSブースは西1ホールです!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る