東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 超本格的なレーシングモデルのレカロシートは車検対応!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

超本格的なレーシングモデルのレカロシートは車検対応!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
レカロから「プロレーサーRMS」という名の、かな~り過激なデザインのフルバケットシートが新登場! レカロジャパンが独自に、かつ新規に設計した新シリーズで、モータースポーツでの使用を前提としてるんだけど、なんと保安基準適合。つまり、ふつうのクルマにも安心して使えるってこと!

ドライビングポジションの安定化のために、シートの剛性を重視したというドライカーボンのシェルは、ベルト穴と同様にバックレストにも大きな開口部がある。これ、軽量化のための穴なのかな…と思って聞いてみると、夏場のレースを想定して背中の通気性アップのためでもあった。

ショルダーや座面のパッドは、触ってみるとわりと硬め。ところが、実際に座ってみると硬さは感じず背中から腰にかけてしっくりくる。意外と長時間になるレースにおいて、可能な限り疲労させないように研究しつくした素材を使っているんだとか。

長時間のドライブを考慮した設計は、モータースポーツでの使用を前提に設計してるけど、これらはすべて市販車用にフィードバックされている要素でもあるよね。レース車向けのドライカーボン製は48万6000円だけど、ファイバー製の廉価版は15万6600円。基本的に同形状で同設計で、違いは1kgほどの重量差とシート剛性のみだ。

新作シートを含めてバケットシートがズラリと並んだレカロブースは、ホール7にある。その座り心地を直接体感するチャンスだ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る