東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > より低く、よりハードに、RS★Rのサスペンションの新型がデビュー!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • MotorFan編集部

より低く、よりハードに、RS★Rのサスペンションの新型がデビュー!【東京オートサロン2018】

RS★R プレスカンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
モノチューブダンパーにこだわり、モータースポーツシーンで鍛えあげることで飽くなき性能追求を続けるRS★R。なんと今回、1月発売の新製品を大紹介してくれた!(PHOTO&REPORT:大家 伝)

サスペンションメーカーで知られるRS★Rでは今回の東京オートサロン2018で、「私共で1月より発売を開始するBlack★i Activeという新商品をご紹介いたします!」といった発表を行った。
司会を担当されたのはレースアナウンスやイベントMCとして有名なさえばとむさん。
お話を伺ったのは株式会社ティエムシー開発部の菅原部長。

元々Black★iという商品自体はあったのだが、これの反響がすこぶるよく、「Activeのほうも出してほしい」という市場の声を聞き入れて開発がスタートしたというのが経緯だ。
Activeシリーズがなんなのかというと、トヨタのAVSのような電子制御により走行状況に応じて減衰力を変化させ、自動的に最適化するシステムを指す。ただ従来とは異なり、そうした電子制御による機能をそっくりそのまま使える製品として開発したものだそう。なのでそのまま室内側のコントロールスイッチも、各種モードから全機能を標準と同様に使うことができ、減衰も変化する。
なおかつボトム側にダイヤルが付いているので、全体の減衰幅も増やせるという機能が盛り込まれている。純正のあまり大きくない減衰幅では体感もし難いところだが、柔らかめも硬めも減衰の幅を広く設定できるので、ユーザーの好みに対応しやすいダンパーシステムとして注目だ。
しかもこの至れり尽くせりなところにプラスして、ベッタベタに低いBlack★i仕様だというのだから、よりスポーツ指向のユーザーなら迷うことはないだろう。
もはや大ヒットの予感しかしないぞ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る