東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > サーキットスペックのまま公道走行可!TOYOTA GR SUPER SPORTS CONCEPT発表【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • MotorFan編集部

サーキットスペックのまま公道走行可!TOYOTA GR SUPER SPORTS CONCEPT発表【東京オートサロン2018】

TOYOTA GAZOO RACING・プレスカンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOYOTA GAZOO RACINGは東京オートサロンで今季のレース活動について言及。その技術を惜しみなく投入した市販車の展開にも意欲を見せた。(PHOTO&REPORT:石川順一)

レースは市販車開発の実験場

「世界有数のレースにワークスチームとして参戦し、車を鍛え、人を鍛える。その鍛え上げられた実戦部隊が市販車の開発である」
と自社がレースに注力する理由を語ったのはトヨタ自動車 専務役員 兼 GAZOO Racing Company プレジデント 友山茂樹氏。今年も引き続き旺盛に世界的なレースに参戦し、これまで以上に車両と人員を鍛え上げ、魅力的な商品開発に当たることを明かした。

ほぼレーシングカーそのままのスポーツカー

これまでもレースの技術を市販車にフィードバックした86GRやプリウスα GR SPORTなどを送り出してきた同社だが、「現役のレーシングカーからスポーツカーを作る」というプロジェクトに今回満を持して着手。その成果となる「GR Supersport Concept」を東京オートサロンの会場でお披露目した。ル・マン24時間耐久レースなどの過酷なレースに参戦しているハイブリッド・レーシングカー「TS050 HYBRID」とほぼ同じパーツで構成されたロードゴーイング・スポーツカーとして市販予定だという。

V型6気筒2リッター直噴ツインターボチャージャーにル・マンで培われたレーシングハイブリッドシステム「THS-R」を組み合わせることで、最大1000馬力という絶大なパワーを発揮。熱効率50%という高い変換効率も実現しており、友山氏の言を借りれば、「究極のパワーと環境性能を両立させたスーパーカー」と言えそうだ。現在、走行可能なテストカーも製作されており、開発は着々と進んでいるという。

「TS050 HYBRID」のハンドルを握りサーキットを走った際のことを友山氏は「乗車する前は緊張でこわばっていた表情も、走り出してみると思わず大笑いに変わってしまった」と明かした。その魅力を可能な限りそのままに、扱いやすさをアップさせたのが、「TS050 HYBRID」だという。全国のクルマ好きを熱狂させる一台となりそうだ。【東ホール8】

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る