東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 今春発売予定! カールソンの新作ホイールを発見!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • GENROQ編集部

今春発売予定! カールソンの新作ホイールを発見!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツを代表するチューニングブランド、カールソンの新作ホイールが東京オートサロンに登場しました。メルセデスオーナーは要チェックです。

東京オートサロン2018のカールソンブースに展示されているメルセデス・ベンツSL。うっかり見過ごしてしまいそうですが、足元に注目してください。精悍さと上品さを併せ持つブラックのフィンタイプホイール、これは春に発売を予定しているカールソンの新作なのです。

「1/16 RSGT」と名付けられたこのホイールの最大の特徴は、フローフォーミングという独特の製法。これにより鋳造でありながた非常に軽量に仕上げることに成功したとのことです。

 鋳造製法により、価格が抑えられているのも「1/16 RSGT」の美点。価格は未定ですが、19インチで約7万円、20インチで約8万円を予定しているというから、カールソンのホイールとしては非常に求めやすいですね。

 

カラーはブラックのみですが、ホイールとタイヤの境目が欲しい、という要望も多いので、リム部分に研削加工を施す可能性もあるということです。サイズはとりあえず19インチと20インチのみですが、今後はサイズ拡大の可能性もあるとのことなので、より幅広い車種へのフィッティングが期待できそうですね。

現在、2018年3月から4月の発売に向けて開発の最終段階となった「1/16 RSGT」。気になる方は東京オートサロン2018のカールソンブース(北ホール9)でチェックしてみてください。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る