東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > 「k-tunes racing」クラス最多勝の新田守男を擁して2018スーパー GT300に挑む!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • MotorFan編集部

「k-tunes racing」クラス最多勝の新田守男を擁して2018スーパー GT300に挑む!【東京オートサロン2018】

k-tunes racing・プレスカンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
左から順にチームを盛り上げるキャラクター・くまる、中山選手、新田選手、影山監督、キャンギャルとしてチームを盛りたてる山下莉果、そしてチームイメージでもあるサムライも登場した発表会。
プロジェクトμのブースで予定されていたプレスカンファレンスに駆けつけると、そこで発表された内容はk-tunes racingの2018シーズン活動内容だった!

「戦国時代に天下統一を目指した武将のように、サムライスピリッツを持ってレースへ挑みます!」とし、Samuraiが2018年のコンセプトであると話してくれたのは神元さん。岡山トヨペットの総合企画部モータースポーツ室モータースポーツGグループマネージャーである。

k-tunes racingとは岡山トヨペットが立ち上げた社内レーシングチームだ。チームオーナーは同社の末永社長、ドライバーにはGT300クラス最多勝を誇るベテラン・新田選手、そして昨シーズンのGT300で3位となった期待の若手・中山選手、これにチーム監督として全日本GT選手権1994、1995両シーズン連覇ほか、輝かしい戦績を持つ影山さんという体制で2018シーズンに挑むという。

神元さんいわく「弊社のレーシングチームができてから5年ほどが経ちました。岡山地方サーキットの参戦から始まり、86BRZレース、富士で行われるインタープロトシリーズを経て、今シーズンはいよいよGT300にチャレンジすることになりました。チームとしては初参戦なんですけど、年51号車で活躍していたメカニックやスタッフがたくさんいます。チームとして新田選手を迎え入れたということで、GTの最多勝記録なども狙っていきたいと考えてはいます。ただ、なによりもまずは1勝を目指してがんばっていきたいというのがチームの願いです」とのこと。
今シーズン、GT300にどんな旋風が吹き荒れるのか? 実に楽しみではないか!【西2ホール】

中山選手(左)、新田選手(中)、影山監督(右)。2018シーズンを戦うk-tunes racingの顔ぶれだ。
#96 K-tunes RC F GT3/全長:4,805mm、全幅:2,000mm、ホイールベース:2,730mm、重量:1,300kg、最高出力:397kw(540ps)以上、タイヤサイズ:330/710R18(フロント)、330/710R18(リア)、エンジン:2UR-GSE(V型8気筒)5,322cc、タイヤ:BRIDGESTONE

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る