東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > HKS発のVR38DETT&FA20用ショートブロック!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/12
  • Dee’s Club

HKS発のVR38DETT&FA20用ショートブロック!【東京オートサロン2018】

ともに排気量アップ仕様で発売は3月を予定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
HKSブースには3月発売予定という、ふたつのエンジンの排気量アップ済みショートブロックが展示されていた。
まずVR38は3.8Lの95.5φ×88.4mmから95.5φ×99.0mmの4.3Lへと排気量アップ。大幅なストロークアップとなるけど、メインベアリングを見直し、さらにネジサイズをアップしたHKSオリジナルのメインスタッドボルトを使うことで許容回転数は7400rpm(純正は7000rpm)を達成!
究極のハイパワーをめざすGT‐Rユーザーにはちょうどいいかもしれませんね!価格は未定です。

そしてFA20用は0.5mmオーバーサイズのローコンプピストンを軸にしたターボ化前提のキット。オープンデッキのままではターボ化に対応できないという判断からクローズドデッキ化。オイルジェットも追加するという内容なのです!
こちらも価格は未定ですが、高過給ターボ仕様の86&BRZを夢見るオーナーはチェックしておきたいパーツと言えるでしょうね!


HKSブースは西1ホールです!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る