東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ENDLESSブースに43年式コンテッサ(日野自動車)登場!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

ENDLESSブースに43年式コンテッサ(日野自動車)登場!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本を代表する、いや、いまや世界でも有名なブレーキブランドのエンドレスは、ここ数年のオートサロンでレストアした旧車を展示して注目を集めている。今年は日野自動車のコンテッサだ。もちろんブレーキ&サスペンションシステムはフルにエンドレスの技術が投入されていたぞ。
エンドレス製
当時の純正

フロントブレーキは対向4ポットに進化!ちゃーんと 純正も比較して展示してあった。コンテッサって日本車ではじめてディスクブレーキを採用した市販車だってこと、ここではじめて知りました。

リヤはドラム方式のまま、アルミのフィン付きに変更(アルフィンカバー、なんて呼ぶよね)。こんなに美しい放熱フィンは見たことないぜ。

「旧車をレストアすることで、自動車の構造を再認識でき、自社製品の適正やマッチングもテストできる」ってのがエンドレスさんの考えだそうだ。ブースは西ホール3ですよ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る