東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > T&Eシルビア用新作エアロはEDGEを超えるSUPER EDGE!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

T&Eシルビア用新作エアロはEDGEを超えるSUPER EDGE!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
D1GPで活躍する上野高広選手のドリフトショップT&E(ティーアンドイー)が新作の日産S15シルビア用エアロを発表! その名は「VERTEX SUPER EDGE」。いろんな意味で従来品のエッジを超えるボディキットです。

まずクルマが左右に塗り分けられているのはエアロのちがいをわかりやすくアピールするため。赤い運転席側に新作のスーパーエッジ、助手席側に付けられているのが通常のエッジとなっています。
最大のちがいはフェンダーの出幅。通常のエッジが片側40~50mmワイドなのに対して、スーパーエッジはそれを超える片側70~80mmワイド。



フロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパーは共通ですが、フェンダーが前後に長くバンパー、サイドステップとかぶるように作られているため、まったく異なる印象のエアロに仕上がっていますよね。
ここまで印象がガラっと変わるため、バンパーからまったく作り直した新シリーズとして製作することも考えたそうですが、シルビア用エアロとしてファンの多いエッジを装着中のかたでもフェンダー部分を買い足せばスーパーエッジにアップグレードできるように、ユーザー側のコストを考えた結果なんだそうです。
気になるリリース予定時期は3月末とのことでした!

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る