東京オートサロン2018|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > GP SPORTSは機能パーツからグッズまで精力的に開発!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/15
  • Dee’s Club

GP SPORTSは機能パーツからグッズまで精力的に開発!【東京オートサロン2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 車高調やエアロにホイールなどなど、走り屋御用達のパーツを数多く開発&販売しているGPスポーツ。今年のオートサロンでは、販売予定の製品がずらりとならんでいた。
 足まわりパーツでは、テンションロッドとリヤナックルの補強キットがスタンバっていて、ドリ専リヤキャリパーも開発中だ。
「2018年は製品の開発&販売だけでなく、イベントへの積極的な参加やグッズも販売していきたいですね」と、担当の三浦さん。写真でかぶっているキャップはその第1段で、価格は3,000円だった。



赤い部分は、割れやすいといわれるリヤロアアームとリヤナックルを補強するためのリヤナックル補強キットで、装着には溶接加工が必要となる。ラインナップはS13用とS14/S15用の2種類(写真の製品はS13用)。



テンションロッドは切れ角が増されるドリ車向けに、大きく逃げが設けられた形状。製品版ではピロ部にダストブーツとカラーが付属する。右は開発中の4ポット&4パッドのキャリパーと2ピースローター。2枚ずつフットブレーキとサイドブレーキで系統がわけられているので油圧サイドブレーキ化したいひとは注目だ。


ブースではイベント時の恒例となっているブレーキパッド限定超特価販売が実施されてるうえ、ちょっと狭いスペースにあったことから終始混雑してた。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る