東京オートサロン2019特設ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン2019特設ページ
TOP > 東京オートサロン2019特設ページ > 展示車両&パーツ > マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

マツダ・ブースにある新型Mazda3は2.5ℓのSKYACTIV-G2.5。新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLEを見逃すな【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
新色ポリメタルグレーのMazda3 CUSTOM STYLE
今日(1月11日)から幕張メッセでスタートした東京オートサロン2019。マツダブースの注目は、もちろん新型Mazda3だ。

 マツダ・ブースに展示してある3台のマツダ3(Mazda3)。ひな壇にあるのは、ソウルレッドメタリックのハッチバックとマリングレーメタリックのセダン。そしてその手前には、新型Mazda3 CUSTOM STYLE (北米仕様ベース)が展示されている。この3台は国内初公開のモデルである。

カプセル化しているのは、SKYACTIV-Xエンジン搭載車のみ 今回はG2.5

今回の3台はSKYACTIV-G2.5搭載で、期待のSKYACTIV-Xエンジンは登場せず。残念。

 注目のエンジンは、3台とも北米でメインとなる2.5ℓ直4ガソリンエンジンのSKYACTIV-G2.5だ。今回のオートサロンに持ってきたMazda3には、残念ながらSKYACTIV-Xエンジン搭載車はなし、とのこと。残念。

 ここで引き下がってはいけないので、お願いしてボンネットフードを開けてもらった……。注目のカプセルエンジンではない! 訊けば、カプセルエンジン化しているのは、スカイアクティブ-Xエンジン搭載モデルだけ、とのこと。どんなふうにカプセル化しているのか見たかったのだが、それはまた次の機会に持ち越しとなった。

Mazda3 CUSTOM STYLE

 さて、オートサロンらしくカスタマイズされたMazda3 CUSTOM STYLE のボディカラーは、新色のポリメタルグレー。これがカッコいい。内装の質感も1ランクアップで、現行アクセラとはまったく違うクラスのクルマに進化していた。

Mazda3 CUSTOM STYLE
全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm
標準装備からの交換・装着パーツ
■エクステリア
エアロパッケージ(参考出品)
マフラー(参考出品)
■脚周り/シャシー
車高調整式サスペンション:Fr約30mm、Rr約30mmダウン(参考出品)
ホイール:BBS製鍛造18-7.0J(参考出品)
■インテリア
スポーツペダルセット(参考出品)
スカッフプレート(参考出品)
フロアマット(参考出品)

BBS製鍛造18-7.0J(参考出品)




NAロードスターを彷彿とさせるハードトップ。オールカーボン製で軽い!マツダ ロードスター DROP-HEAD COUPE CONCEPT・東京オートサロン2019

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
オートモーティブジョブズ

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る