東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > ニュース > 学生ならではの発想力で導き出された、見ているだけでも楽しくなるカスタム【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部

学生ならではの発想力で導き出された、見ているだけでも楽しくなるカスタム【東京オートサロン2019】

wiz 国際情報工科自動車大学校(中4ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日(1月11日)から開幕した東京オートサロン2019。WiZ 国際情報工科自動車大学校では、リンカーン タウンカーをベースとした“パトカーとRX-7をベースにした“リアル&バーチャル”カーの2台を出展している。

先輩が作ったカスタムカーがリメイクされて再登場

 リンカーン タウンカーをベースに大掛かりともいえるカスタマイズが施された「WiZ CONCEPT Ⅷ Hidden Devill」。実はこのクルマ、先輩たちによって作られ2012年に出展された「WiZ CONCEPT Ⅵ BEAT OF ART(タクシー仕様)」をリメイクしたもの。

 出展後、長らく駐車場に“放置”されていたという。そこで「Revival〜復活〜」をテーマにパトカーカラーにオールペンし、今年のオートサロンに戻ってきた。
 
 ホットロッド風のエンジンルームも目を引くが、それ以上に室内に張り巡らされたパイフレームに驚く。さらに、エアサスからコイルに変更したサスペンションはセンター部分に配置。デフが見られるようにと、トランクはカットされている。

 一方、FD3S型RX-7をベースにした「WiZ CONCEPT Ⅷ RX-7 Type VR」は、エンターテインメント性を備えたモデル。「リアルとバーチャルの融合」をコンセプトに製作。運転席には通常のハンドルが、助手席にはグランツーリンスモのハンドルが設置されるという、なんともユニークな仕様。

 リヤガラスにはモニターを設置。これは、グランツーリスモの画面を、ドライバーだけでなく、まわりから見ているひとにも楽しんでもらいたいということで設けたという。

 「Wiz CONCEPT Ⅷ Hidden Devill」同様、“魅せる”というテーマ性も感じさせるカスタマイズがなされた2台である。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る