東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > 編集部コラム > ホンダのブースには時代を牽引したカブとモンキーの最新版が展示!【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/11
  • MotorFan編集部 近田 茂

ホンダのブースには時代を牽引したカブとモンキーの最新版が展示!【東京オートサロン2019】

C125&モンキー125

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムカブと言われるC125 とモンキー125

 スーパーカブはホンダの象徴モデル!?
 中ホール4~5にまたいで大きなブースを構えたホンダ、ブースの玄関口とも言えるコーナーを飾っていたのがC125とモンキー125だ。

 しかもそこに目を止める観客や、2台をバックに記念撮影する人の多さにはビックリである。流石に同ブランドの知名度の高さは侮れない。ホンダを企業として躍進させた原点、その名を世界に轟かせた往年の逸材としては、間違いなく同社のレジェンドなのである。

 もとは共に50ccモデルとして始まったが、今や世界のスタンダード、125ccバージョンとなるC125が登場。これが普通免許で乗れるよのになれば、日本社会のグローバル化もまた少し進歩できることは間違いないだろう。
 今回の展示には2輪業界を背負うホンダのそんな思いが込められいるような気がした。

車体サイズはグンと拡大されたが、可愛らしさは健在。相変わらず注目度の高い人気モデルだ。
スーパーカブシリーズの中では最高峰のプレミアムモデル。多くのファンを魅了している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る