東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ|MotorFan[モーターファン]

東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ
TOP > 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2019特集ページ > ニュース > RX-8が昆虫になったらどうなるんだろう……。学生ならではアイデアは必見! 【東京オートサロン2019】
  • 2019/01/13
  • MotorFan編集部

RX-8が昆虫になったらどうなるんだろう……。学生ならではアイデアは必見! 【東京オートサロン2019】

埼玉自動車大学校(北10ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1月11日から開幕した東京オートサロン2019。今日(1月13日)はいよいよ最終日。埼玉自動車大学校は、RX-8をベースに、奇想天外だが、まわりをほっこりさせてくれるカスタムカーを展示している。

RX-8の“8”から“ハチ”へ、そして“蜂”へとアイデアは膨らむ

“いったいなんなんだ?”と、見るひとの注目を浴びる一台。実はこのカスタムカーのベースは、SE3P型RX-8。スポーティカーならではのカスタマイズが施されているのかと思いきや、なんとラブリーな“蜂”の姿に変身。

 RX-8の“8”から発想し“蜂”を思いついたそうだが、RX-8のスピード感や機動力に連動できるよう、同様の特性をもつ“蜂”に見立てて表現されているというから驚かされる。

「わたしたちの意見を先生が尊重してくれて、この作品を作ることになりました。ボディは、蜂の有機的な質感を再現できるようファブリック素材を使用したりと、各部にいろいろなテーマを持たせて製作しています」というのは、笑顔も素敵なカスタムボディ科の山本さん。


 インパクトあるエクステリアだけでも十分楽しめるが、まだまだチェックしたいポイントは多数。

「インテリアもみてください。シフトノブは蜂の針を、シフトブーツは6角形になるようステッチを入れて蜂の巣をイメージしています。あと、シートの背もたれ部分には蜂蜜が垂れているようなデザインを施しています」(前出の山本さん)。

 徹底してRX-8を“蜂”に変身させた、このモデル。細部に盛り込まれたその発想力をこの目で確かめてほしいところだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る