モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|MotorFan[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > モーターサイクル > 【スズキSWISH】ネクスト通勤快速スクーターの動向が気になる!【足着きチェック】
  • 2018/03/17
  • MotorFan編集部

【スズキSWISH】ネクスト通勤快速スクーターの動向が気になる!【足着きチェック】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年3月16日からインテックス大阪で開催された第34回大阪モーターサイクルショー2018。スズキブースに展示されていた125ccスクーターがなんだか気になる。(PHOTO:箱崎太輔 山田俊輔)

スズキの広報担当者も「2017年の東京モーターショー、今回の大阪モーターサイクルショーでも要望・反響はかなり大きいです」と話していた。

スズキブースの展示車両の中で密かな注目を集めていたのが、125ccスクーターのSWISH(スウィッシュ)だ。
現在のスズキの二種スクーターカテゴリーといえば、前後14インチのアドレス110と、前12インチのアドレス125がラインナップしているが、V100やV125といった往年のアドレスVシリーズといえば、狭い路地もスイスイと切り返しできる前後10インチタイヤがお決まりである。
このVシリーズの10インチの足周りを継承したスウィッシュがいつ発売するのかと、巷のアドレスV125オーナーや、V125Sオーナーが一挙手一投足に注目しているのである。

今回展示されていた車両は、2017年10月に開催された東京モーターショーでの車両と同一で変更は特に無し。現在判明している諸元も同じ内容だが、ここで改めて解説しよう。

まずエンジンは近年のスズキ製スクーターに採用されている低フリクション設計の「SEP(スズキエコパフォーマンス)」。その空冷124cc 4ストローク単気筒を搭載する。

外観も従来のアドレスVシリーズとは大きく異なり、アッパーカウル内にセットされていたヘッドライトは、LED化され、フロントカウル内に移設。これによりフロントカウルはボリュームをもたせたデザインに。テールランプもLED化された一方で、前後ウインカーはバルブ式としている。

また1本式だったリヤショックは2本式に変更し強化。プリロード調整機能も備える。ブレーキはフロントがディスク式、リヤがドラム式、タイヤはMAXXIS製100/90-10を前後に履く。

アドレスV125ではシート後方下部に格納されていた燃料タンクは、フロアタンク下にマウント。これにより、フルフェイスヘルメット1個+αの収納スペースを確保している。
給油口はフロントインナーカウルの左側に設置。右側の収納上部、キーシリンダー隣にはスマートフォンやモバイル機器の充電に便利な5VのUSBポートを標準で装備する。

展示車両の細部に再び注目しよう。車両脇の掲示板には「参考出品」とあるが、フロントフェンダーに白い反射板、リヤフェンダーに三角マーク。日本の交通法規に則ったこれらステッカーが貼られているとあって、国内での導入はほぼ視野に入っていると思われる。

タイヤは100/90−10サイズ。フロントフォークにはブーツを履き、タフネスなイメージに。
SEPエンジンを搭載したエコでクリーンなパワーユニット。2本サス化に伴い、車体右側にはスイングアームも採用された。

USBポートには防雨用のキャップも装備。
LEDテールランプとバルブタイプのウインカーを組み合わせたリヤ周り。タンデム時の持ち手となるリヤスポイラーも標準で採用する。

身長約160cmで足着き性もチェック!

■主要諸元■
●全長:1831mm
●全幅:716mm
●高:1108mm
●ホイールベース:1248mm
●パワーユニット:124cc 4ストローク単気筒エンジン

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る