モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|MotorFan[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > パーツ&アイテム > ”被って、脱いで”の動作が気持ちいい、Kabutoの新作ヘルメット【大阪モーターサイクルショー】
  • 2018/03/19
  • MotorFan編集部

”被って、脱いで”の動作が気持ちいい、Kabutoの新作ヘルメット【大阪モーターサイクルショー】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年3月16日からインテックス大阪で開催された第34回大阪モーターサイクルショー2018。Kabutoブースに展示されていたこの夏ジェットヘルメットEXCEED(エクシード)は、人気モデルASAGI(アサギ)よりもさらに性能の高いモデルである。(PHOTO:山田俊輔)

EXCEED……28,620円

EXCEED DELIE……30,780円

頬まわりのパッドのあまりの柔らかさに、モーターファン営業担当の大野さんもびっくり!

「今回のヘルメットはユーザーさんからのさまざまな要望に応えました」
そう話すのはOGKカブト広報担当の口野さん。

大阪モーターサイクルショーに展示されていた最新型のジェットヘルメットEXCEED(エクシード)を手にとり、開発時にこだわったポイントを解説してくれた。
「当社のオープンフェイス(ジェットヘルメット)では、ウェイクスタビライザー(気流をコントロールするディフューザー)やインナーサンシェードを標準装備したASAGI(アサギ)が好評を得ていますが、今回の新作EXCEED(エクシード)は各所の性能をさらに高めています」

このEXCEED(エクシード)は、コンパクトな帽体設計、ウェイクスタビライザーとベンチレーションを一体型したスマートなベンチレーション、風の巻き込みを抑止する新設計シールド等を採用し、2018年夏に発売予定の最新モデルである。
特にこだわったのが着脱時のスムーズさで、チークパッドをスリム化すると同時に、従来よりも柔らかな素材に変更(手触りは餅のようにプニプニに)したことで圧迫感を解消している。
あごひもを手で左右に広げると、従来よりも柔らかく伸びることからもその違いは瞭然。毎度のヘルメットを脱ぐのが煩わしいどころか、その感触に心地よささえ感じる人もいるほどである。

またEXCEED(エクシード)は、強い日差しの中でも十分な視界を確保すべくインナーサンシェードを従来よりも大型化したり、インカムを容易に取り付けられるように顎部分内側の隙間を広くとられている。これらのように日常用途、ツーリング用途での使い勝手を重点的に高めていながらも、ASAGI(27,000円〜)とそれほど変わらない価格(28,620円〜)というコストパフォーマンスの高さも大きな魅力である。

チークパットの素材の変更によってそれほど力を入れずとも広がるように。
サンシェードの面積を広げることで、地面からの照り返しも眩しくない。
インカムのベースを挟み込みやすいように設計された顎まわり。
インナースピーカーを取り付けるスペースもあらかじめ設けている。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る