モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|MotorFan[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > モーターサイクル > 7月頃に発売と噂あり! 「モンキー125」詳密解説!【東京モーターサイクルショー】
  • 2018/03/24
  • MotorFan編集部

7月頃に発売と噂あり! 「モンキー125」詳密解説!【東京モーターサイクルショー】

赤 /白の新色が展示中!約40万円で発売か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年11月の東京モーターショーに参考出品されたモンキー125は黄/白カラー。今回の東京モーターサイクルショー2018では、2000年に発表されたミレニアムモンキー風の赤/白カラーを参考出品。両カラーとも発売は7月頃になると予測されている。(PHOTO& REPORT:北 秀昭)

厳しい排ガス規制により2017年に惜しまれつつ生産終了となったモンキー。50年の歴史に終止符が打たれるのか…と思いきや、今年の夏頃には、"一回り大きく成長して"めでたく復活する模様だ。

2017年の東京モーターショーに参考出品されて話題となった黄/白カラーのモンキー。エンジンは50ccから125ccに排気量アップ、ホイール&タイヤは8インチから12インチに大径化され、50cc時代に比べてボディサイズは二回りほど大きめ。

【モンキー50とモンキー125のサイズ比較】
●モンキー50
全長:1365mm×全幅:600mm×全高:850mm
●モンキー125
全長:1713mm×全幅:753mm×全高:1030mm

今年の東京モーターサイクルショー2018に参考出品されたモンキー125。
去年の東京モーターショー2017に参考出品されたモンキー125。

モンキー125はどこからどう見てもモンキー以外の何物でもないのだが、実際に実車を見てみるとボリューム感が増してサイズ的にもデカい。小ぶりで可愛いモンキーらしさが消えてしまったかといえば……それは違う。

モンキー125のポイントは、12インチに大径化しつつ、8インチ時代のモンキーらしさを見事に再現している点。モンキー125はグロㇺをベースに製作。開発陣によれば、モンキー125は8インチ時代のフォルムをとことん研究。グロㇺよりもホイールベースを短くし、タンクやシートの大きさや高さを細かく調整するなど、モンキーが持つ独特のバランスを突き詰めたのだという。この"モンキーの拡大化"は見事に的中し、来場者からも「迫力が増した!」「公道でも走りやすそう!」と高評価を得ていた。

モンキー125はパワフルな125ccの横型エンジン(発売時はグロㇺと同等の9.8ps程度になる模様)に加え、倒立型フロントフォークや前後ディスクブレーキ、また初心者にも安心のABSを装備。ストリートでも余裕を持って走行できる足周りが盛り込まれている。またヘッドライトやテールランプ、ウインカーなどの灯火類にはLEDタイプ、メーターはデジタル型を採用。現代のバイクに相応しいアイテムが随所に投入されているのがポイントだ。

ホンダブース内に展示されたモンキー125の周りには、常に多くの人だかり。実車にまたがる順番を待つ人々で賑わっていた。特に印象に残ったのが、中国などアジアの人々が多かったこと。日本だけでなく、モンキー125は世界的規模で注目されているのを強く感じた。

一部では、発売は7月頃。価格は40万円くらいになると予測されている。

灯火類にはLEDを採用。形状は50cc時代と同じ丸形を採用。
50ccモンキーを踏襲したタックロールシート。
折り畳みハンドルが廃止され、オーソドックスなアップハンドルを採用。
参考出品車はグロㇺと同型の125ccエンジンを搭載。モンキーならではの左サイドカバーも健在。
エンジン上の黒いパーツはエアクリーナーボックス。
50ccでは8インチ合わせ&ドラムだった足周りは、12インチキャストホイールにディスクブレーキやABSを採用しグレードアップ。
タイヤはブロックタイプを採用。グロㇺよりもハイトが高めの80扁平サイズがチョイスされている。
ツインショック、パイプ型スイングアーム、ディスクブレーキを採用したリヤ周り。
倒立型フロントフォークを採用したフロント周り。

■モンキー125の諸元
全長×全幅×全高:1713mm×753mm×1030mm
エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒125cc
タイヤサイズ:前120/80-12 後130/80-12

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る