モーターサイクルショー2018[大阪/東京]|MotorFan[モーターファン]

モーターサイクルショー2018[大阪/東京]
TOP > モーターサイクルショー2018[大阪/東京] > ニュース/トピックス > トライアルマシンを電動バイクにコンバージョン。ミツバの「E-TR」が楽しそう!【東京モーターサイクルショー2018】
  • 2018/03/25
  • MotorFan編集部

トライアルマシンを電動バイクにコンバージョン。ミツバの「E-TR」が楽しそう!【東京モーターサイクルショー2018】

ミッションの機構を残した本格派スポーツEV

このエントリーをはてなブックマークに追加
大手自動車部品メーカーのミツバは二輪車用ではETCやホーンなどでもおなじみだ。東京モーターショー会場では、電動モビリティの普及を見据えたモーターやコントロールユニットを展示中。中でも電動モーターでコンバージョンしたトライアルマシンに注目を集めていた。(PHOTO&REPORT:石川順一)

2017年のミツバブースでは動力をエンジンからモーター化したモンキー(群馬県の企業なので"ぐんまちゃんカラー"にペイント済み)で、話題となっていたが、今年はトライアル車を展示。今回のE-TRは軽量なトライアルバイクをベースにモーターユニットでコンバージョンした意欲作。通常のコンバージョンEVではギヤをいずれかに固定してしまうのが一般的だが、このE-TRではミッションの機能はそのまま生きており、シフトチェンジも可能。バイクならではの操る楽しさをEVで体現しているのだ。

リチウムイオンバッテリーは車体中央のフレーム内に設置。マスの集中と高重心化に寄与していそうだ。トライアルらしい乗り心地も確保されているに違いない。

会場ではテストライダーを務めるトライアル国際A級スーパークラスの砂田真彦選手がE-TRで走行する映像も放映していた。最高出力10kWに最高トルク18N・mと十分なモーターのパワーを活かして岩場を軽々と乗り越えていく姿に、かなりの将来性を感じた。

現在はまだ15分程度の走行が限界とのこと。今後の開発が待たれる。ちなみにモーターユニットは汎用化を見据えたもので、単体での出品もあった。これさえあれば、お気に入りのバイクの電動化も夢ではない。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る