テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 生産技術<塗装領域>

生産技術<塗装領域>

求人企業名:マツダ株式会社

年収 400万円〜800万円
勤務地 広島県安芸郡府中町
職務内容 同社、車両領域生産技術の塗装プロセス開発業務を担当して頂きます。
【具体的には】
・設備、材料を含めた塗装工程開発
・設備技術開発〜工程設計
・設備工事〜量産立ち上げ 等。
マツダ車のボデーカラーの新技術開発を担って頂きます。材料(塗料)と設備(塗装工程)のそれぞれを検討しながら、次世代のマツダ車の機能開発(防錆・防音)も含めた生産技術業務となります。
必要な経験・資格 【必須要件】
2D-CAD (AutoCad等)を使った業務経験をお持ちの方で、以下のいずれか1つ以上の経験がある方
・塗装設備又は塗装製造プロセスの開発業務経験をお持ち。
・設備設計〜設備工事〜量産化の経験をお持ち。
・塗装設備メーカでの開発・据付・生産設備の提案経験等がある方
【歓迎要件】
英語力/文章読解、簡単なコミュニケーションができる方。
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 9:00〜17:45
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、退職金、財形貯蓄、保養所
教育・研修制度 マツダ・ビジネスリーダーシップ開発(MBLD)、グローバルビジネスリーダープログラム、グローバル生産拠点人材育成プログラム、階層別研修、役割研修、等
企業情報 【概要・特徴】
自動車および自動車部品を製造・販売をする、東証一部上場の自動車メーカー。世界12ヶ国に生産拠点、20ヶ国に子会社を持ち、グローバル展開を推し進めています。

【注力事業】
・近年のミニバン市場の縮小から、ミニバンを撤退させ、スポーツ用多目的車(SUV)の需要の高まりから新型SUVのCX-9を北米に、新型SUVのCX-4を中国に導入。
CX-3生産準備など生産効率最大化に向けたグローバル生産体制の再構築を図ります。
・スカイアクティブを取り入れてから、環境性能と利益率が大幅改善しています。(1台あたりの利益率が20%改善されております。)
・次世代エンジンである「HCCI(着火剤を使わずに回す)」の開発にも取り組んでいます。
・これまで次世代エンジンの開発に注力していた同社ですが、業界のトレンドである「EV」にも力を入れていく所存です。
・トヨタ社と「EV」や「コネクティッドカー」において協力する方針も打ち出しております。

【風土】
・自由に発言ができる風土が柔軟な発想を生み出すというコンセプトから、役職名でなく「〜さん」でお互いを呼び合うなど、風通しのいい風土があります。
・手を挙げれば責任ある仕事も早い段階から任せてもらえ、個々の成長には申し分の無い環境が整っています。
・開発と生産拠点が同じ場所にあるので、密にコミュニケーションをとりながら、製造を行なうことがあります。コンセプトから完成品まで現場の意思を製品に落とし込むことが出来ます。
おすすめポイント 他とは異なる独自の価値を生み出す日本を代表する完成車メーカーです。開発拠点・製造拠点・テストコースが1ヶ所にまとまっており、クルマ作りの全工程に関わっていけるのも同社の魅力の一つです。こだわりを持ったクルマ作りが可能ですので、自動車作りに関わりたい全ての方にお勧めできる企業です。
お問い合わせ番号 156075

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス