テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > モデルベース開発

モデルベース開発

求人企業名:自動車の各分野における「技術力」を通じたエンジニアリングサ―ビス企業

年収 500万円〜700万円
勤務地
※勤務地は希望を重視して決定します。
職務内容 ■同社にて、下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
MATLAB/Simulinkを用いて、プラントモデルやコントロールモデルに対し、S/W(組込み)の観点で、お客様の課題を解決に導く開発を行います。
・制御モデル開発
・プラントモデル開発
・車輌シミュレーション
・HILS評価
・テストベンチ評価  等
マネジメント 3-5名のチームリーダーです。
必要な経験・資格 【必須要件】
■CAEを用いたシミュレーション・解析業務の経験者
■電子制御部品の設計またはシステムの組込み開発の経験者

【歓迎要件】
■モデルベース開発経験をお持ちの方
■MATLAB/Simulinkのご経験がある方
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 就業時間: 9:00〜18:00
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 互助会制度、リゾートホテル利用制度あり
教育・研修制度 社内教育制度(技術基礎研修、ヒューマンスキルアップ研修、他)
企業情報 【概要・特徴】
”夢と感動を創造する世界一のプロフェッショナル集団を目指す”という理念をかかげている、自動車開発の技術サービス企業です。
5名のスタートした同社は2017年従業員数も330名となり、19周年を迎えます。
設立当初より、国内大手自動車メーカー・部品メーカーと直接取引を軸にしながら、自動車の開発支援を行っています。

【世界一のエンジンの開発】
2007年にル・マンへの参戦を表明し、2年後のル・マンシリーズ英国戦で優勝、翌2010年の24時間レースでは、ガソリンエンジン世界一
2011年からは、英国を開発基地にして、日本・英国のコラボレーションチームを結成し、世界最小の高性能モーターの開発に挑戦。2013年春、『APM120』の実現に成功しています。
「APM120」とは、重さ12kgで常用出力100馬力(75kW)を発生するエネルギー密度が極めて高いモーターです。

【中途採用研修】
スキルチェック後、状況により研修あり。
募集背景 自動車開発における技術は年々高まってきており、制御系の開発サイクルが複雑化しています。そのため、開発負担に対応するための技術であるモデルベース開発(MBD)エンジニアに寄せられる期待も大きくなっています。そこで、今回積極的な増員募集を行うことになりました。
おすすめポイント 同社は設立から19年、国内大手自動車メーカー・部品メーカーと直接取引を軸にしながら、自動車の開発支援を行っています。
お問い合わせ番号 166881

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス