テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 生産技術<車載用ヒューズ> ※管理職候補

生産技術<車載用ヒューズ> ※管理職候補

求人企業名:太平洋精工株式会社

年収 700万円〜1300万円
勤務地 岐阜県大垣市
大垣工場
職務内容 ■同社にて下記業務を担当して頂きます。

【具体的には】
同社のメイン商品である自動車用回路保護機器(ヒューズ)の生産技術業務を担当していただきます。
・開発部門と打合せの上、工程設計、生産準備、設備仕様検討、導入を進めて頂きます。
・自社保有工程としては、金属プレス、樹脂射出成型、組立て(自動化・手組み)、外観検査(画像検査)、通電検査となります。
・年に数回の国内出張、海外出張があります。
・作業標準書の作成も将来的にはお任せしたいと考えております。

■働きやすい職場環境:
同社は36協定を順守しており全社平均の残業は26時間/月となります。有給休暇の取得率も平均11日と高いため、直近3年間の新卒の離職率は0%、全体の平均勤続年数は14年となります。また、上場している製造メーカー、同業界と比較すると極めて利益率が高く、高待遇であるため、頑張りに応じた評価や待遇が得られる評価制度がございます。

■製品の魅力:
同社製品はフェラーリのF1マシンに2014年来使用されております。また、FIA 世界耐久選手権にトヨタは2012年の参戦からハイブリッドシステムを搭載しており、同社のヒューズが使用されております。

■市場動向について(将来性):
各自動車メーカーは「自動運転」「EV/HEV」等の技術開発を積極化しており、今後益々「回路」の需要が伸びるため、同社製品であるヒューズの必要性が高くなっていきます。実際にトヨタ自動車のレクサスには1台で約100種類ほどのヒューズが使用されております。2015年時点で自動車用ヒューズの販売累計は300億本を達成しており、今後販売数は加速していくと予測されます。
担当製品 車載用フューズ
必要な経験・資格 【必須要件】
「部下の教育・指導」
のご経験があり下記、いずれかの条件を満たす方
■生産技術職として、設備設計工程設計、生産準備経験のある方
■設備メーカーでの機械・電気設計経験のある方

【歓迎要件】
■電気に対する知見がある(PLC等)
■金属材料に対する知見がある
■ISO、TS16949についての知識をもたれている方
■語学力がある(英語・中国語・・等。ビジネスでの使用経験があること)
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:00〜17:00
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 退職金、財形貯蓄、社員持株、総合福祉団体定期保険、社員食堂、駐車場、短時間勤務制度、自動車保険団体割引
教育・研修制度 新入社員研修・指導役制度・階層別研修・資格表彰制度、新入社員教育、管理職研修、TOEIC等
企業情報 【概要】
1961年、同社は自動車用バルブコアを製造していた太平洋工業から、将来の自動車産業の発展を見越して、自動車専用ヒューズ生産の専門企業として独立しました。以来、50年以上にわたり、開発・設計から生産まで一貫して任せられる部品メーカーとして、業界内で高い評価を得ています。

【市場シェア】
同社の自動車専用ヒューズの国内シェア91%はもちろん圧倒的な1位となっており、世界でも48%と世界1位です。
(経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」に選定されました。)
今後もハイブリッドカーや電気自動車、自動運転技術など、ますますエレクトロニクス化が進む自動車産業を支える製品となります。

【海外展開】
1994年には初めてアメリカ工場を開設し、2000年にはタイ、2004年には中国、その後も2011年には韓国、2012年にはヨーロッパ(ドイツ)、2014年にはメキシコと、世界各国に事業展開を果たしてきました。その中でハイブリッドカーや電気自動車の広がりや自動運転車の普及など、これからのグローバルマーケットには次々と新しいニーズが広がり、同社の専門技術にも大きな期待が寄せられています。
こうした時代背景を見据え、同社では2013年以来”Global Best”、”Best Customer Satisfaction”という目標を掲げ「お客様目線で時代の一歩先を掴み取る(Proactive Enthusiastic Customer-oriented)」というスローガンのもと、「グローバルNo.1」を目指しています。
海外子会社:6カ国12社(アメリカ、ドイツ、中国、韓国、タイ、メキシコ)
おすすめポイント 今後“電気自動車”や“自動運転技術”の普及により、高圧ヒューズ の開発など車載用フューズの将来性も明るく、同社は利益額の多くを研究開発に投資し世界シェアNO.1の地位を維持し続けます。
お問い合わせ番号 175671

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス