テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 実験・評価<エンジンの燃費向上/排ガス低減研究> 

実験・評価<エンジンの燃費向上/排ガス低減研究> 

求人企業名:一般財団法人日本自動車研究所

年収 450万円〜550万円
勤務地 茨城県つくば市苅間2530
職務内容 ■エンジンの燃費向上/排ガス低減研究担当として実験・評価業務を担当いただきます。

【具体的には】
・排出ガス・燃費試験方法に係わる実験業務
・燃料・潤滑油に係わる実験業務
・エンジンの排出ガス・燃費低減に向けた基礎応用研究の実験業務
必要な経験・資格 【必須要件】
■自動車業界における実験、評価のご経験をお持ちの方
(バックグランドは機械の方が対象となります。)

例)JC08、LA4等の法規に則った実車実験
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 無し
  • 就業時間: 9:00〜17:15
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 企業年金制度、厚生年金基金
教育・研修制度 OJT研修等
企業情報 【概要・特徴】
日本自動車(JARI)は日本の自動車分野における先導的研究機関です。自動車技術に関する最先端の研究を行っており、国家規模のプロジェクトに協力する研究もしています。衝突安全、交通事故を未然に防ぐ予防安全、次世代自動車、石油燃料に替わる新エネルギーの探索する研究、地球温暖化防止のための省エネルギー化、CO2排出量の削減の研究、最先端のITSの研究などテーマは多岐に渡ります。政府や自治体、他の研究機関やメーカーなど、幅広い組織や団体、法人と連携しながらさまざまな研究を進めています。また、国内外から注目される研究成果を継続して発信・発表していくため、研究者の育成にも力を入れ、海外の大学に一年間留学させる制度や自前の予算で実施する所内研究により研究者のアイデアを育てる制度もあり、研究環境が整っています。

【設備】
茨城県城里町には全周5500メートルに及ぶ国際級の高速周回路を持つなど常に最先端の設備を有するJARI。それらを駆使した高度な実験・研究に携わることができるのがJARIで研究者・技術者として働くことの魅力の一つです。ほかにもダイナモメータ設備、燃料電池自動車の安全性を評価する各種試験装置などを備えており、なかでも世界初の燃料電池自動車の火災に対する安全性評価試験設備は世界でも最高峰の設備も有しています。

【働き方】
平均残業時間は月15時間、育休取得率90%以上、平均勤続年数は18年と長期的な就業が可能な環境です。同研究所は非営利組織のため売上や景気の波に左右されず、リーマンショック時も年収や賞与は下がりませんでした。そのため、安定的な就業を希望している方は非常にお勧めな環境です。
おすすめポイント 同社は日本の自動車産業における「スタンダードづくり」の役割を担っている機関です。先進技術における各種実験設備やテストコースを有し、各大手完成車メーカーから国家単位でのプロジェクトも手がけております。その研究は、メーカーが自社でできないような最先端技術を取り扱い、自動車業界に共通する課題解決行っています。
お問い合わせ番号 186988

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス