テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > 自動車業界の求人 > 検索結果一覧 > 組立工程開発<電動パワーステアリング>

組立工程開発<電動パワーステアリング>

求人企業名:日本精工株式会社

年収 400万円〜700万円
勤務地 神奈川県藤沢市
職務内容 ■電動パワーステアリング(EPS)の組立工程の開発と量産化対応をご担当いただきます。

【具体的には】
<組立工程開発>
機械、電装部品の組立て工程設計/組立て工程内における性能、品質保証/検査方法の確立
<量産化対応>
設備仕様の作成と導入、立上げ/自動、省人化検討
必要な経験・資格 【必須要件】
・組立工程の開発設計の経験

【歓迎要件】
・自動車もしくは自動車部品の生産技術、製造技術経験
・原価計算
雇用条件
  • 雇用形態: 正社員
  • 転勤の有無: 場合により有
  • 就業時間: 8:00〜16:40
  • 給与形態: 月給制
福利厚生 寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、保養所、運動施設、再雇用制度有り(65歳まで)、退職金(別途、確定拠出年?、個?拠出年?制度あり)、再雇?制度(65歳迄)
企業情報 【概要・特徴】
創業100年以上の日系自動車部品メーカー。日本で初めてベアリングの生産を開始したパイオニアで、ベアリングのシェアは国内1位、世界3位です。世界最小クラス・外径2ミリの超極小径から外径6メートル・重さ15トンの大型サイズまで20万種類以上のベアリングを製造しており、車載用ベアリングは国内外のほぼ全ての完成車メーカーへの納入実績があります。産業機器向けでは、ボールねじは世界1位、リニアガイドは世界3位のシェアです。

【技術力】
「トライボロジー」、「材料技術」、「解析技術」、「メカトロ技術」の4つのコアテクノロジーを技術基盤としています。同社が提供するベアリング内部のボール「転動体」は、表面の凹凸の高低差が8nm以下の精度を実現しています。また、自動車の最重要部品の一つ「ハブユニット軸受」では、「トライボロジー」の研究に基づいて独自開発された「耐水グリース」を活用し、従来の1.7倍の寿命延長を実現しています。

【注力分野】
世界シェア2位を誇る車載用電動パワーステアリング(EPS)事業に注力しています。世界初の電動パワーステアリング用シャフト冷間成形技術をもとに「世界最軽量のチルト付きコラムタイプEPS」を開発しました。シャフト部を中実から中空化、中空シャフトを薄肉化することで軽量化を実現。従来2部品を接合して構成していた部品を一体品にすることで、安全への信頼性を向上させました。高い燃費効率が求められる中小型車向けとして、グローバルな拡販を目指しています。
おすすめポイント 同社のボールベアリングは、世界シェアトップクラスの実績があります。
ベアリングは自動車一台に約150個ほど使用されていると言われ、自動車業界以外にもあらゆる製造業界の製品で欠かせない部品です。そのため、安定した売上を維持できることが同社の最大の特徴です。
働き方としては希望により、地域限定職での採用が可能。また、3年以内の離職率が約3%と平均勤続年数が長く、長期就業をお考えの方にはお勧めの求人です。
お問い合わせ番号 189396

関連求人情報

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス