MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > キーワードトップ > キーワードランキング

キーワード注目ランキング

トヨタ自製では初のアルミブロックを採用したディーゼルであり、最小排気量DEで もある。元々小排気量ディーゼルの需要が高い欧州向けに開発されたものだが、国 内 で も 商 用 車 で ...
5 代目ゴルフの主力ユニットは、2.0lの EA113 型だった。これは、先 述のクラウス技師が初代アウディ80 のために設計したボアピッチ 88mm のユニットの末裔。鋳鉄ブロックのままだったが、動弁...
2015 年登場の L15B ターボ版は、国内向 けに 2.0lのコンベンショナルエンジンを 持たなくなったホンダが、代替として開 発したダウンサイジングターボである。通 常は過給圧の上昇に伴って...
<a name="t1"></a>
2012 年に技術発表された直噴ターボシリーズの第二弾 で、5 年振りに復活した FK 型シビック Type-R 専用のパ ワーユニット。これまで9000rpm近傍までの高回転を許 容 す る 直 4 とし て は 究 極...
2005 年の登場時ですら空前絶後であった W 型 16 気筒と1000ps オーバーの最大出力 は、登場以来10余年を経ても未だキャッチアップするフォロワーは現れていない超弩級 エンジン。企画当初は直 6×3 ...
3気筒B38は80~170kW/ 220~320Nmをカバー。従来 の Prince 系を大幅に上回るパ ワーを発生する。単なるエコ エンジンでないところは BMW の面目躍如だろう。
バルブ駆動にフリクション低 減を狙ってタイミングベルト が 採 用 さ れ る 模 様 。ベ ル ト 素 材の改良により、オイル流路 中(チェーンケース?)に配置 が可能になるようだ。
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャンバーを共用化したキャブレーター。高性能エンジンやレーシングカー周に用いられたウエーバー型、ソレックス型はこれに相当する。...
軽 量 か つ 高 強 度 を 図 り 、 ブ ロ ッ ク 材 に バ ー ミ キ ュ ラ 黒 鉛 鋳 鉄( F C V )を 用 い た 。 製 造 も加工も非常に難しい素材だが、高い燃焼圧に耐える構造ながらアルミに匹敵する 軽...
《 ホンダ スーパーカブ カタログ目次 》 〈イントロダクション〉 <a href="#t1">【1】【新型クロスカブ試乗】じっくり眺めて、乗ってみた/2月22日更新[2018年2月22日]</a> 〈開発ストーリー〉 <a hre...
グループ企業である三菱重工業との共同開発で欧 Euro5、米 Tier2Bin5、日本のポスト新長期規制に適合すべく生まれた新世代 ディーゼルの意欲作。トレンドとなりつつある低圧縮比化を先取りし ...
ガソリンエンジンとモジュール展開される直6ディーゼル。モジュールなのだがなぜかボア径はガソリン版より1mm少ない。 同 排 気 量 の V 6 ・ O M 6 4 2 よ り ボ ア ピ ッ チ は 1 6 ...
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型バスに用いられていたが、現在、大型バスは低床式のリヤエンジン方式が主流となっている。トヨタの初代エスティマもアンダーフロ...
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示しており、トラクション係数は駆動力を無次元化するために押付け荷重で割算したもので、摩擦係数と同じ値である。このように係数にし...
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する。前輪のスリップ角が後輪のそれより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こった...
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニホールドに導入させるようにした、冷却システムを備えたターボエンジン。ターボによる圧力比が大きくなると吸気の温度が上昇する...
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、吸入空気量を制御するスロットルバルブを内蔵した吸気絞り装置。アイドリングの空気通路やファーストアイドル用の空気通路を内蔵...
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。マニュアル式は、ホイールハブのところにドッグクラッチを設け、手動でカムをまわしロックとフリーの切り替えを行う。2WD走行時...
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バルブおよび点火プラグの先端が燃焼室に向くようにした形状。かつては燃焼室の表面積が小さくできるとされ、冷却損失が小さくなる...
7248件中 1-20件を表示

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る