テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > BMW > 7シリーズ > BMWグループが「BMWカー・データ」を発表
  • 2017/05/31
  • Motor Fan illustrated編集部

BMWグループが「BMWカー・データ」を発表

顧客のための安全で透明性の高い、新しい革新的なサービスをスタートする

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWは、BMW カー・データ(BMW CarData)という新しいサービスを開始する。ポイントは以下の4点だ。

1、カスタマイズされたサービス:プロバイダの新しいオプション
2、高いデータセキュリティ:サードパーティへの車両アクセスはできない
3、フルコントロール:各サービスのデータリリースを決定する
4、高い透明性:顧客はいつでもカーデータ・アーカイブをリクエストできる

(以下BMWのプレスリリースより)

ミュンヘン発:BMWグループは引き続き革新的なプレミアムサービスを展開しており、「BMWカー・データ」では、車両からのデータに基づきBMWのドライバー向けのカスタマイズされたサービスオプションを提供する。

5月30日にベルリンで開催された、ドイツ自動車産業協会の「モビリティ・オブ・トゥモロー」で、 BMW AG、MINI、ロールス・ロイス、BMWモトラッドのマネージメント取締役会メンバー、ピーター・ シュワルツェンバウアーは、デジタルビジネスイノベーションについてBMWグループを、次のように説明した。

「『BMWカー・データ(BMW CarData)』は、当社の車両接続性を新しい次元に引き上げます。 BMW コネクティッド・ドライブの顧客は、革新的でカスタマイズされた新しいサードパーティサービスを素早く簡単に利用できるようになります。車両のデータを保護することは、高度に接続された車両におけるプレミアムの内容の一部です。 これは顧客が私たちに期待するものです。 そして、顧客はデータの処理方法を決定できます。 これはまさに『BMWカー・データ』の哲学です」

「BMWカー・データ」は、多くのメリットをカスタマーに提供する
ドライバーは、実際の燃費に基づき、個別保険料でお金を節約できる。 理想的な準備のおかげで、必要な部分がプリオーダーされているため、より迅速なサービス予約を楽しむことができる。 さらに、パーソナライズされたインフォテインメントのオプションなど、将来的にまったく新しいサービスを想像することもできる。 「BMWカー・データ」を使用するには、SIMカードが内蔵できるBMWが必要。 現在、約850万台のBMWがこの要件を満たしている。 顧客がコネクティッド・ドライブのポータルにBMWを登録すると、「BMWカー・データ」を追加費用なしで使用することができる。

「BMWカー・データ」は次のように動作する

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated