テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/06/01
  • Motor Fan illustrated編集部

アウディが、ニューヨーク州で初めて自動運転の実証試験の認可を受けた

ニューヨークで最初に認可を受けた会社がアウディだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディは、ニューヨーク州で初めて自動運転試験を行なうことが認可された最初の会社となった。アウディは、6月中旬にアルバニーで技術を実演する。

カリフォルニア州ハーンドン(HERNDON)、2017年5月31日
ニューヨーク州は、アウディが州内で自動運転車両の試験を行うことを認可した。認可されたのは、アウディが最初である。

アウディは自動車技術者協会(SAE)レベル3の自動運転車両をニューヨークで実証、テストする予定だ。 6月中旬に州議会議事堂近くのアルバニーで始まる州史上初めての自動運転のデモンストレーションを行なう。

SAEのレベル3は、「自動化システムは、いくつかの運転タスクを事実上実施するとともに、運転環境をある場合に監視する一方、人間の運転者は、自動化システムが要請した場合に、制御を取り戻す準備をしておかなければならない」と定義づけられている。

ニューヨークでは、訓練を受けた2名のエンジニアが前部座席に座り車両を監視し、安全性を確保する。アウディのデモンストレーション車両は、すでに米国全域のアクセスが制限された高速道路に何千マイルも安全に記録している。

今月初め、ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)は、公道での自律走行車のテストやデモンストレーションに興味のある企業からの申請をニューヨークが受け入れたと発表した。

「われわれは10年以上にわたってパイロット運転技術の開発をリードしてきており、実際の環境でのテストはより安全な道路を追求する上で重要なステップである」とアウディ・オブ・アメリカ社のスコット・ケーグは語る。

「私たちはクオモ知事がリーダーシップを発揮したことに拍手を送っています。そして今後数年間、この未来がどのようにエンパイア・ステートで展開されるのかを支援する準備をしています」

ニューヨークのFY2018年度の予算に含まれる新しい法律により、1年間のパイロットプログラムを通じて自動運転技術をテストすることができる。

アルバニーのデモのためのアウディの車両経路情報は、ニューヨーク州警察によって事前承認され、その適用は自動車部門によって承認された。州警察​​は、取るルートを再検討し、デモンストレーションを監督する必要がある。

「ニューヨーク州は革新的な高速道路安全プログラムの全国的リーダーであり、自律車両が道路上の人命を救う可能性は計り知れません」とクオモ知事は述べた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated