テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/07/07
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

ターボに負けない!イートンの機械式スーパーチャージャーも新世代へ

イートンのスーパーチャージャーTVSがTVS2へ進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
過給と言えばターボチャージャー。ターボ全盛のエンジンだが、もうひとつの過給機であるスーパーチャージャーも進化している。スーパーチャージャーと言えば、イートン社。そのイートン社の機械式スーパーチャージャーTVSがTVS2に進化している。

TVS2のローター。ご覧のように3葉でツイスト角度は、従来のTVSに比べて浅い。

排気ターボチャージャーと並んで過給機としての定番は、機械式スーパーチャージャーである。ターボ全盛時代の現在でも、ボルボ、ジャガー、シボレーなど多くのメーカーがハイパフォーマンス・グレードでターボとスーパーチャージャーのツインチャージ・エンジンをラインアップしている。

そのスーパーチャージャーだが、自動車エンジン用は、事実上イートン社製のワンメイク状態だ。使われているのは、TVS(Twin Vortices Series)である。4葉160度ツイストのイートンTVSが機械式スーパーチャージャーの標準仕様なのだが、そのイートンが次世代のスーパーチャージャーを開発している。

新世代スーパーチャージャーはTVS2と呼ばれている。4葉だったローターは3葉に戻り(TVS以前のスーパーチャーは3葉だった)、ツイスト角度は160度から120度になっている。使い方は、現在のTVSと同様に、ターボチャージャーと併用する、いわゆるツインチャージが基本になる。

軽自動車向けに開発しているTVS2。ハウジングは従来のTVSのもので、内部をTVS2に換えたものだという。

人とくるまのテクノロジー展名古屋には、サイズの小さなスーパーチャージャーも展示されていた。これは、現在のハウジングにTVS2のローターを組み込んだもので、ターゲットは軽自動車用エンジンである。軽の場合は、コストの面からもツインチャージは考えにくく、スーパーチャージャーのみの過給になる。軽自動車のスーパーチャージャーは、以前スバルが採用していた(レックスやヴィヴィオが搭載していた)。

TVS2は、昨今のダウンサイジング、ダウンスピーディングのエンジントレンドに対応してより低回転域での効率アップを図ることをターゲットにしている。最大吐出圧は、TVSの2.5barに対して4.0bar。重量も25%、イナーシャも5%低減、NVHも3dBのダウンを目指している。

GMのコルベットが搭載している6.2ℓV6スーパーチャージャー。PHOTO:GM
現在の主流は、イートン社のTVSである。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る