テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/08/10
  • Motor Fan illustrated編集部

コンチネンタルのスマートモビリティのための包括的コネクティビティ 

「コネクティビティ」が未来のインテリジェント・モビリティには必須

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンチネンタルのクラウドターミナルを使用すると、これまでヘッドユニットに統合されていたアプリケーションがクラウドに移行する
コネクティビティはインテリジェント・モビリティのための重要な技術になると、ドイツのメガサプライヤーであるコンチネンタルは主張している。 コンチネンタルは、OTA(Over-the-Air=無線アップデート)やスピーカーレスサウンドなど、包括的コネクティビティを実現するための技術を開発 している。
(以下プレスリリースより)

コンチネンタルが車両をインターネットに初めて接続したのは1996年。それ以来、コンチネンタルは3000万台以上の車両をインターネットに接続してきた。

2017年に生産された新車のうちの半数に、何らかのコネクティビティ機能が装備されると予想されている。これは今までになかったことだ。2020年までに約2億5,000万台のコネクテッドカーが世界の道路を走ることになる。 

「従来、付加的な機能であったコネクティビティは、将来のインテリジェント・モビリティにとって重要な技術となっています。そのため、シームレスなオンライン接続のための包括的コネクティビティの実現と、車両全体をオープンなシステムに発展させることに焦点を当てているのです」

とコンチネンタルの取締役会メンバーであり、同社インテリア部門の責任者であるヘルムート・マッチ(Helmut Matschi)は語っている。

また、コンチネンタルがテレマティクスソリューション以上のものとして包括的コネクティビティを位置付けている理由について、こう述べている。

「包括的コネクティビティは、車載電子機器アーキテクチャーから、シームレスな接続、サービス、ドライバーと車両の相互作用に至るまで、コネクテッドカーのあらゆる側面に関係します。今日、コンチネンタルでは、包括的コネクティビティにおけるあらゆる分野の要素技術を開発しています。そうすることで、将来のモビリティを形作っているのです」

車両全体に対して、無線でシームレスにアップデートを実行 

将来は、自動車修理工場に行くことなく、車両のソフトウェアを最新の状態に保ったり、新しい機能をダウンロードしたりできるようになる。現在、PCやスマートフォンにとって標準と見なされている機能は、自動車業界では依然としてSFの領域と考えられている。

「車載電子機器全体に対する無線ソフトウェアアップデートは、包括的コネクティビティの中心的な要素です」とマッチは述べる。

しかし、コンチネンタルにとっては、この機能を確実に高い信頼性で実行できる方法を実証するだけに留まらない。コンチネンタルは、Carnegie Technologiesと提携し、さまざまな無線ネットワーク(携帯電話、Wi-Fi、衛星システム)間のシームレスで途切れることのない移行を可能にするソリューションを開発している。

このソリューションでは、できるだけ多くのデータを含むデータパッケージをクラウドから車両に送信するために、送信能力をプールする手段としてたとえば乗客のモバイルデバイスのデータ回線と統合することもできる。コンチネンタルはInmarsatと協力し、世界中の自動車メーカーやドライバーに常に最高のネットワーク接続を提供するため、携帯電話やWi-Fiに加え、衛星通信を利用している。 

未来のインフォテインメント:クラウドから直接提供 

包括的コネクティビティは、車載のインフォテインメントをより賢く柔軟にする。クラウドターミナルを使用すると、これまではヘッドユニットに直接統合されていたアプリケーションがクラウドに移行する。

これにより、システムが常に最新となり、いつでも新しい機能を追加できるため、車両メーカーは異なるモデルや車種間でアプリケーションを簡単に展開できる。コンチネンタルは、クラウド内に標準開発ツールを使用する開発フレームワークを作成しているため、開発者は特殊な自動車ソフトウェア用の専門知識を必要としない。

このように、コンチネンタルはコネクテッドカーを多様な開発者コミュニティに開放することで、数多くのエキサイティングな機能の基盤を作り出している。クラウド端末は、ドライバーのデジタルアシスタントとしても機能し、ドライバーの習慣を分析してパーソナライズされた適切な機能を提供する。 

優れた音響効果を備えたスピーカーレス車載サウンドシステム

スピーカーなしでも最高の音を聴く 

「未来のインフォテインメントでは、魅力的なモビリティ体験の一環としてすばらしい音が必須です」とマッチは言う。

コンチネンタルのスピーカーレスサウンドシステムにより、カーオーディオに革新をもたらし、その過程でシステムの重量と設置面積を大幅に削減した。従来のハイエンド3Dサウンドオーディオと比較して、このスピーカーレスシステムは取り付けスペースを95%も削減できる。

車両の特定の表面を振動させるアクチュエーターを装備し、弦楽器と同様の仕組みでシステムが動作し、すべての車両クラスで最高級のオーディオ体験が得られる。

3Dディスプレーが運転席のデザインをより多様に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る