テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/09/07
  • Motor Fan illustrated編集部

スカイアクティブX ドイツで本機を公開!

アクセラに搭載したプロトタイプを公開 詳細はMFi Vol.132で!

このエントリーをはてなブックマークに追加
いま世界で最も注目されているエンジン、スカイアクティブXがドイツで公開された。技術的詳細については、依然として明らかにされていない部分が多いが、まずは写真からその姿を見てみよう。
プロトタイプに搭載されたスカイアクティブXエンジンは、2.0ℓ直列4気筒エンジン。大きなカバーが全体を覆っていて細部は見えないようになっていた。
こちらが公開された写真。機械式スーパーチャージャーが見える。
スカイアクティブ・ガソリンエンジンの特徴である長い4−2−1排気管は踏襲されるだろうか。
シリンダーヘッド真上に燃料供給ラインが位置するのが見える。燃料インジェクターは燃焼室トップに配置されているはずだ。燃料の噴射圧は、ガソリンエンジンでは異例に高い500-800barらしい。

スカイアクティブXという、革新的なエンジン技術をマツダが発表して1カ月。
SKYACTIV-Xは、SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition=火花点火制御圧縮着火)とマツダが呼ぶ新しい燃焼理論・方式を開発している。

さて、どんなエンジンなのか?
このほど、欧州・ドイツでジャーナリスト向けの試乗会が開催された(国内試乗会は来月予定)。
そこで公開されたエンジンの写真を掲載しよう。

じつは、Motor Fan illustrated編集部では、さまざまな方法でスカイアクティブXエンジンの実像に迫る取材を行っていた。今回公開された写真と資料や、論文、特許資料などを駆使して、マツダのスカイアクティブXに迫る特集を制作中だ。

詳しくは9月15日発売の
Motor Fan illustrated Vol.132をご覧ください。


Motor Fan illustrated Vol.132
9月15日発売のモーターファン・イラストレーテッドは、24ページにわたって、マツダのスカイアクティブXに迫ります。周辺取材、論文、特許情報などを通して、いまもっとも詳しいスカイアクティブXを図解していきます。ご期待ください。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る